So-net無料ブログ作成

アルゼンチン共和国杯  [2017年10月]

【アルゼンチン共和国杯】

回顧:

4歳不在の異例のレースであったが、
代わりに3歳馬が2頭好走

高齢馬不振のデータは十分に機能していた

ほどほどの仕上げで完勝したダービー2着馬

JCもレイデオロと差が無い競馬ができるのではないか

キタサンを阻むのであれば、3歳馬のいずれかのはず



////////////////////////////////////////

出世レースの位置づけから

スワーヴには好走してもらう必要あり

但し目標はJC

ここは負担残さずに、となると

頭鉄板とは云い難い


頼みのアルバートは酷量

メルボルンから急遽変更

このあたりも嫌な話


上位2頭に死角があることから


不振の高齢馬にも出番あり

ハッピーモーメント

レコンダイト

いずれか1頭好走して

おかしな話ではない




スワーヴリチャード
 世代上位馬の登場
 ここで崩れると、残念な話に


レコンダイト
 乗り方一つで食い込みも

ハッピーモーメント
 同年G2以上4着以内は好走率高い

プレストウィック
 ルメールだけ、頭無し

アルバート
 ハンデきつく連下か



【京王杯2歳】

アサクサゲンキ

カシアス

タワーオブロンドン

タイセイプライド


【ファンタジー】



アーデルワイゼ
 
コーディエライト

スズカフェラリー

モズスーパーフレア


以上

天皇賞G1 スワンG2 アルテミスG3  [2017年10月]


回顧:

今回機能したデータは2つ

1.同年又は前年にG1連対していること
 →今回含め過去6年で例外は1頭のみ


2.4-5歳が中心、6歳以上は不振

宝塚組3頭独占は初ではあるが、

鉄砲は馬のタイプによる、という程度か




///////////////////////////////////////////////
最終結論

重又は道悪が前提


中心は毎日王冠組

リアルスティール
 道悪未経験 テンノリ(調教も乗らず)はマイナス

サトノアラジン
 切れが鈍る、距離延長と6歳もマイナス

グレーターロンドン
 重はOK、距離と格だけ(重賞未勝利)
 →スピルバーグの例があるが・・・

それぞれ死角はあるが、

この組で勝ち切るのであれば、

リアルかグレーター


相手は

キタサンブラック
 喉の調子今一つ、コースもマイナス
 道悪等はプラス

ヤマカツエース
 道悪OK、有馬4着、大阪杯3着と戴冠も可能

ステファノス
 年齢と道悪、枠もマイナス



1着:

リアル、ヤマカツ

連下:

ロンドン
キタサン
ステファノス又はアラジン(不振の6歳の為)


尚、毎日王冠組は最低1頭、多くて2頭、3頭BOX不可

別路戦を組み合わせる必要あり
(キタサン、ヤマカツ、ステファノス)

6歳のステファノスとアラジンはいずれか1頭まで

キタサンは圏外までも想定



/////////////////////////////////////////////////////

G1馬多数参加で高価な顔ぶれ

毎日王冠も豪華であったが

他路線の取捨が鍵





勝ち馬については

過去10年で云えば

スピルバーグ以外はまとも

既にG1馬か後にG1で再度好走

そのスピルバーグも毎日3着と状態は良かった


その点で

レベル疑問の札幌組はNG

反動の大きいローテの春天-宝塚組も怪しい

王道の毎日王冠を休み明けで好走した上位3頭


特に早くから期待馬、良血馬の2頭

リアルとアラジンが戴冠に相応しい



重馬場巧拙:

雨だとマイナスの馬
 サトノアラジン
 ソウルスターリング
 サクラアンプルール




1週前雑感////

基本的な考え:

・5歳が強いレース
・今年の4歳は弱く、6歳も好走可能
・同世代、同ステップでの3頭決着は無い
・外枠不利【0.0.2.26】
・1-2番人気の全滅は過去10年なし


毎日王冠上位馬:

リアルスティール 5歳
 馬場は不問
 前走仕上がっており並行線

サトノアラジン  6歳
 やや距離長い
 良馬場が理想 
 外枠が理想



相手:

・毎日
グレーターロンドン
 中2週がどうか
 道悪は恐らくプラス

・札幌記念組
サクラアンプルール 6歳 又は
 良が希望


ヤマカツエース 5歳
 馬場不問


・宝塚組
キタサンブラック 5歳
 馬場不問

・リピータ
ステファノス 6歳



■前走

毎日王冠:3番人気以内 又は3着以内

◎リアルスティール 5歳
 乗り替わりだけ
 
〇サトノアラジン  6歳
 年齢だけ、距離はOK、上積み十分

×グレーターロンドン 5歳
 体質弱く続けて使えず、前走の反動懸念大

×ソウルスターリング
 メンタル面で問題なければOK
 毎日1番人気馬は巻き返し可能
 切れる脚が無く控えてどこまで

×マカヒキ
 スランプ、馬体成長せず



宝塚:6番人気以内

?キタサンブラック 5歳
 春のダメージ次第も気迫??
 切れが無く、合わない感あり
 Mマックイーンのように逃げればOKか?

×レインボーライン
 帰厩が10月13日と叩き台か

×シャケトラ    4歳
 1走毎に成長も距離合わず叩きでは
 目標のJC有馬で勝ち負けか

×サトノクラウン 5歳
 調整遅れ
 1着か凡走かの極端なタイプ


札幌記念:3着以内

△ヤマカツエース
 本格化したが前走負けはちょっと・・・

?サクラアンプルール 6歳
 右回り小回りがベストも



非主流路線:

△ステファノス 6歳
 レース適正は抜群
 オールカマーは全滅と鬼門
 従来と違い前走仕上げてあり連下か

×ミッキーロケット 4歳
 京都大賞典組は連対必須
 もたれ癖から左回り合う可能性が高い

×ネオリアリズム 6歳
 仕上途上


【スワン】

レッゴードンキ
 斤量軽すぎ

カラクレナイ
 フィリーズ好タイム勝ちで

キャンベルジュニア
 漸く良くなってきたか?

セイウンコウセイ
 斤量きついが叩き前進、得意の京都なら


【アルテミス】


キャリア2-3戦が断然有利

ラテュロス
 前走上がり最速で
 猛調教が裏目に出なければ・・・

シスターフラッグ
 岩田はドンキで勝負か
 1800勝ちは好相性のレースで


相手は素質馬3頭

トロワゼトワル
 安田厩舎の期待馬

ラッキーライラック
 石橋は自信あり

トーセンブレス
 大物か




以上

菊花賞 G1 [2017年10月]

最終結論:



軸はアルアイン

皐月、ダービーと三冠皆勤

前走は輸送の上、叩き台

上積みは大きくあとは距離だけ

心配は強く操縦性も高いため

今回も崩れないと判断

外枠ゆえ勝つかは微妙ではないか



相手で必須は神戸新聞杯組


ベストアプローチ>キセキ>ダンビュライト

3頭の中で前走叩きはベストのみ

キセキとダンビュは前走で仕上がっていた

特にキセキのマイナス体重

3戦使い済みは印象が悪い

騎手頼みのダンビュもまるであてにならない

本来、神戸組が勝つのが定石も今年は怪しいものである

勝つのであれば、ベストアプローチ



残る1頭は前走は問わず、連下限定で手広くいきたい

サトノクロニクル
 ミルコが高く評価、福永で微妙

ミッキースワロー
 前走がピークで輸送もマイナス

内枠の

クリンチャー又はウインガナドル






//////////////////////////////////////////////////












主力は8頭の勝ち馬を輩出している神戸新聞杯組

原則掲示板(5着以内)であることが必要

当組で勝ち馬が出る場合

3着以内馬まで

勝ち馬候補:

2着キセキ◎
 非社台そこがネック
 社台包囲網で力出せるか?
 既に3走、前走はマイナス体重
 上積み疑問で勝ち切れるか

3着サトノアーサー×
 距離長い、かかる気性がダメ


連下候補:

4着ダンビュライト〇
  SR×NF×武豊、条件ベストも4着では連下限定
  前走権利獲りに猛調教、上積み疑問

5着アドマイヤウイナー 抽選待ち



次いでセントライト組

こちらは3着以内が必須

毎年多くても1頭好走で計5頭のみ、1勝と不振の組でもある
つまり、3頭のうち、好走は1頭が原則
面子から神戸より上の気もするが・・・・・・

1着ミッキースワロー△
 前走権利取りでメイチ仕上げで余力??
 中山ベストで条件悪化
関東馬は30頭中2頭3着のみと極めて不振

2着アルアイン ▲
 高速平坦京都に向かない感あり
 明らかに距離も長く地力でどこまで
 心肺は強く近年のスローなら杞憂か
 セントライト組の戴冠はキタサンのみで・・

3着サトノクロニクル★
 乗り変わりは大きくマイナス
 距離コースともに大きく条件好転
 完成途上も大器の可能性あり
 勝ち切るにはやはり成長が追い付いていない
 調教駆けするアルアインに先着と成長中



最後に格下〇〇特別組

当然1着馬だけが対象

休み明け2走していることが望ましい

1勝、4頭好走とセントライトと互角である


トリコロールブルー?
 乗り変わりも主戦JKでOK
 馬体は大きく成長している

ポポカテペトル×
 青葉4着も馬体は格下感ありありで厳しい

マイネルヴンシュ×
 前走は少頭数でかつ同馬主にフォローを受けての勝利
 そんあことでは流石に厳しいのでは
 不振の関東馬
 


尚、例外馬となる前走古馬重賞

ウインガナドル?
 新潟記念0.1差4着、ラジオNKタイム差無2着
 印象よりもしぶとい逃げ馬で要注意
 不振の関東馬
 距離は流石に長いのでは




通常、神戸2頭、セントライトか非重賞組1頭が定石

いずれにせよ、神戸組の全滅は無いと判断


■1週前の結論

前提:
・近6年2200m以上のG1G2で4着以内実績は18頭中17頭
・乗替は30頭中3頭のみ好走と不振で、一線級JK以外はNG
・主力は神戸、セントライト=格下組
・前走3着以内 10-9-7(4着以下は神戸のみOKも未勝利)
・関東馬は極度の不振、ゴールドアクター級でないと通用しない

神戸:
キセキ     デムーロ
ダンビュライト 武(連下限定)

セントライト:
アルアイン    ルメール
サトノクロニクル 福永(テンノリのため、連下限定)

格下:
対象無し

例外馬:
ウインガナドル 津村・・ 















以上