So-net無料ブログ作成
検索選択

函館記念 [2017年7月]

回顧:


初の内枠全滅

不振な組が内枠ゆえ已む無しか

1着は社台系の法人馬が勝利

連下は所謂、格上馬

キタサンブラックと比べれば

条件合わずとも、この相手なら、というところか


//////////////////////////////////////////////////////////



勝ち馬の条件を全て満たす馬はいない

サトノとアングラは鬼門の巴賞好走馬

マイネルは不振のリピータ

今回は同型も多く展開も厳しいのでは


従い、内枠であることを優先

サトノアレス

レッドソロモン

アングライフェン

以上3頭が1着候補

連下は外枠から2頭


トウケイヘイローより遥かに落ちるが

武豊のステイインシアトル

休み明けが不振なレースだが

非リピータのルミナスウォリアー

休み明けは走る

柴山の復帰祝いとなる可能性も






///////////////////////////////////////////////////////


勝ち馬の8頭は2-4番人気

1番人気は0- 2- 0- 7とあてにならず



2-4枠が9‐4‐3と圧倒

1枠も含め他の枠は未勝利



前走 巴賞組は上位組が大不振

1着 0- 1- 0- 8

2着 0- 0- 0- 3

3着0- 0- 1- 4

負け組が吉




社台系は大挙出走

中でもNF産のクラブ名義に注目


ケイティープライド G1レーシング
 昨年3着

レッドソロモン 東京ホースR
 近走不振も函館は向く

ルミナスウォリアー サンデーR
 外枠が痛い


サトノアレス 個人
ステイインシアトル 個人



休み明けは不振

 3か月以上空くと0-0-0-17


以上



中央競馬 ブログランキングへo

共通テーマ:競馬

七夕賞 プロキオンS [2017年7月]

【七夕賞】



波乱が前提の重賞


過去10年

3番人気以内の全滅は無し

ゼーヴィント
マルターズアポジー
ヴォージュ



近5年

10番人気以下が毎年好走

いわゆる紐荒れ

今年は12頭と少頭数

7番人気程度から注意

 フェルメッツァ 
  関西かつ斤量増
  夏は苦手だが・・・

 パドルウィール
  シルク3頭出しの1頭
  前走は落鉄で度外視
  金鯱賞で好走と怖い面あり



尚、栗東 8.5.6と西が圧倒

関東馬は割引

 ゼーヴィント
 マルターズアポジー
 マイネルフロスト




◎ゼーヴィント 東
〇スズカデヴィアス
▲マルターズアポジー東
△フェルメッツァ
△マイネルフロスト 東



■好走条件

1.前年から1着があること 10-9-10

※1600万以上 かつ 芝1600~2200m

 ×マイネルフロスト
 ×パドルウィール



2.7歳以上不振(30頭中3頭のみ)

×バーディーイーグル
 
 
3.内枠有利 1~10番 8-8-9



4.斤量増は50%と破格の複勝率       
  逆に斤量減で前走好走馬は大不振 0.0.1.12

 ↓ここから2頭は好走する確率
 ゼーヴィント
 フェルメッツァ
 マイネルフロスト
 マルターズアポジー


5.前走平場はほぼ全滅、OP以上必須

×ソールインパクト
×タツゴウゲキ
×ヴォージュ



【プロキオン】


◎アキトクレッセント
〇ベストマッチョ
▲カフジテイク
△イーデンホール
★メイショウタケダ





以上



中央競馬 ブログランキングへo

共通テーマ:競馬

CBC ラジオNK  巴賞 [2017年7月]

【ラジオNK】


回顧:

重ハンデ56K以上(牝馬54K以上)は全滅

1着は社台の期待馬が勝利

シルクの面子はたった

連下は3頭出しのマイネル軍団からウイン

残る1頭は吉田兄弟の不人気の方が好走

前走、1000万下の府中で凡走した馬は

時折、巻き返すことがあるが、これに該当




////////////////////////////////////////////////


勝馬に前走G1は皆無


4月以降に500万下勝馬が毎年好走

春のG1のために

無理使いしていない

別路戦組が主流


ハンデは53~56.5まで

トップハンデ馬は大不振

過去10年で1勝、2着1回

昨年は57のブラックスピネルが圏外

今年はサトノクロニクルが該当

頭無しの連下限定



2013より開幕週に施行時期変更

13番以降の好走は無く

明らかに内枠有利

1.6.15
3.12.6
9.4.3
11.4.3 (ケイアイチョウサン)


1着:手塚2頭出し

セダブリランテス 社
  シルクレーシング代表は福島出身
  手塚2頭出しでこちらは強気

マイネルスフェーン
 実績はNo1、手塚2頭出し
 勝ち負け可能


連下1:
ニシノアップルパイ
 血統的に向く

ビービーガウディ

連下2:重ハンデの以下から1頭 
サトノクロニクル 社
 秋に飛躍のイメージはある
 57では流石に重く、連下まで

ライジングリーズン
 ハンデから連下か



補欠:

×クリアザラック 社
乗り替わり痛い、気性難で大箱向き
シルバーステートを避けてここに?
12番だが大外はやはり割引




■前走

白百合S 5着以内

 サトノクロニクル
  ローテやや厳しい
  57キロでは厳しい
  
500万 2番人気以内で1着

 セダブリランテス
  キャリア2戦では連下まで
  手塚厩舎のマイネルとの2頭出し

 ビービーガウディ
  データ外だがダートからの転身で




 クリアザトラック
  意外にDP産駒の強いレース
  体が緩く頭は疑問も軸で

 
 

プリンシパルS 問わず

 ニシノアップルパイ
  切れる脚なく時計に不安
 

青葉賞 一桁

 該当無し


G1 問わず(連下限定)

 ?ライジングリーズン
  間隔空き過ぎ
  55はかなりきつい

 マイネルスフェーン
  ホープフル2着と実績上位も異例のローテで


■斤量

54キロが優勢
重ハンデは大不振
アンビシャス級でなければきつい

56K以上が2頭以上好走は皆無
多くても1頭まで

 過去5年
 53kg 0- 1- 2
  ビービーガウディ モズカッチャンと僅差
  ロードリベラル  馬体軽すぎ
  
 54kg 4- 0- 2
  セダブリランテス  石川が問題
  ニシノアップルパイ
 55kg 0- 4- 0
  ライジングリーズン 牡馬換算57Kで厳しい

以下からは好走は1頭まで、連下限定

サトノクロニクル
1番人気複勝率60%

クリアザトラック 
 2番人気は複勝率50%

マイネルスフェーン
 マイネル ウイン 3頭出しで怖い
 騎乗は大知とこの馬が本命では
 レイデオロに2着しており実績断然
 


 
   





【CBC】


中京は2012年から

力の要るコースの為

1400~1600mでの連対経験が必須


良馬場は見込めず、実質稍重程度か

メラグラーナとトーセンはその点で割引

開幕週ゆえ勝てずとも紐なら

惑星はアクティブミノル

ブリンカーでガラリ一変なら

実績的にはかてるはず



軸候補:5歳かつ斤量増から1頭くる想定

 アルティマブラッド
  斤量不満の陣営は期待の現れ

 シャイニングレイ
  復活が本物か試金石

相手:京王杯組から1頭くる想定

 トウショウドラフタ
  横山ポツンで追い込むか?

 トーセンデューク
  武は落馬以来の久々の騎乗


惑星:

アクティブミノル
 高松4着、復調傾向で注意


補欠:
3歳 今年は粒揃いではある
タイムトリップ 
アリンナ
メイソンジュニア

仕上がり疑問の人気馬
メラグラーナ
 過信禁物、連下限定






■芝1400~1600mのレースでの連対経験(1600万以上)
 なし 0-1-0-42  3着内率2.3%


■ローテ

非重賞組は3着以内であること
4着以下 1-2-0-70 3着内率4.1%
 

OP 3着以内

 

高松宮記念 一桁(最低11着)

 メラグラーナ やや太いが・・・


前走G2の距離短縮組
 特に京王杯は複勝率50%

★トウショウドラフタ
★トーセンデューク
 メイソンジュニア
 エイシンスパルタン 


ヴィクトリアマイル 問わず


その他

■年齢
・3歳は過去10年で2頭のみと極めて不振
 1着は全て4歳以上

 以下から好走は多くて1頭まで
 タイムトリップ
 メイソンジュニア
 アリンナ

・5歳が優勢
 過去5年4- 3- 3と複勝率40%
 
 以下から好走馬が2頭は出る確率


★アルティマブラッド
★シャイニングレイ
★アクティブミノル
 セカンドテーブル
 ナリタスターワン
 メラグラーナ
 


■斤量

・斤量増が優勢
 連対率45.5%・複勝率63.6%
 毎年必ず1頭は好走

 今年は2頭のうちいずれかは馬券になるはず

 ★アルティマブラッド
 ★シャイニングレイ


■枠
 内枠が明確に不利





【巴賞】

G1馬 サトノアレスの登場

かなり唐突ではあるが

負けられない1戦ではないか


相手:

ダンツプリウス

デンコウリキ

マイネルディーン





以上



中央競馬 ブログランキングへo

共通テーマ:競馬