So-net無料ブログ作成

JC  キャピタルS 京都2歳S [2017年11月]

【JC】

回顧:

キタサンは息の入らないラップ

完封と思われたが

疲れと仕上げ不足で惜敗


キタサンが好走すればシュバルも好走

過去のパターンを踏襲

非G1馬がSヒーロー以来の戴冠


エースのレイデオロは位置取りで惜敗



サトノはキタサンの消耗戦で

スタミナ切れではないか


////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

昨年の回顧:

1着はデータ通りG1馬

連下はここ目標の社台系

前走G1組が必ず好走、は不発

関東馬の大不振は今年も継続


かつて主流であった京都大賞典組が1-2

今年の春天1着と3着

昨年有馬の2着と3着

妥当な決着

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////




最強古馬キタサンブラック

昨年はマークが薄かったが

今年は昨年ほど楽ではない

武豊曰く「意外なほど軽い追切」

前走の疲れ残りと

目標が引退レース

有馬を勝って有終の美

祭り熱唱

という事情がもしあれば

今回は2-3着ではないか


キタサン好走時には

必ず好走してきたシュバル

晩成ハーツの通り

今年にはいり本格化

春はダイヤモンドに先着

余裕あるローテ

福永から乗り変わり

共に追い風

スタート決めれば勝ち負け


ハイランドリールを下した

世界のサトノクラウン

ダービーは上がり最速3着

今回は香港を捨てての参戦

JCを目標にミルコも強奪

疲れ残りが無いとしたら

今回も勝ち負け



上記5歳勢に挑戦する藤沢2頭

レイデオロとソウルスターリング

2頭とも能力は十分

懸念はきついレースの経験不足

キタサンのペースはミドルラップ

後続は息切れし末脚が鈍る

馬を大事にしすぎる藤沢厩舎

裏目に出る可能性も必要


復調マカヒキは気になるが

馬体が一切成長しておらず

3歳春の最盛時の状態であれば

3歳秋の藤沢勢にも遅れるはず



1着:G1馬かつ2走前3着以内

◎レイデオロ
 今年の3歳上位は既に古馬を超えている
 関東馬、そこだけ

▲サトノクラウン
 問題は関東馬であること
香港よりここ目標
 ミルコ強奪で勝負気配満点

相手:G13着内実績

〇キタサンブラック
 普通に勝ち負けだが過信禁物
 

★シュヴァルグラン
 昨年より遥かに良いローテ
 スタート決めれば勝ち負け


補欠:

△ソウルスターリング
 いい脚が長く使える
 史上2位のオークス走破タイム
 激戦2走のあとも好調と不可思議・・・・


△マカヒキ
 やっと復調もダービー時から成長しておらず・・・
 


■好走要因


秋天皇好走馬:

特に1着と3着が強い


キタサンブラック 

サトノクラン
 良馬場だと疑問だが
 ミルコ乗らずで・・・

レインボーライン 

ヤマカツエース
 

アルゼンチン共和国杯:

該当無し


菊花賞:

該当なし

秋華賞 :

該当なし


京都大賞典:

昨年は1-2着と復活


シュバルグラン
 ミルコゆえ買う必要あり

トーセンバジル HB産駒
 福永・・・・

オールカマー:全滅
 中山はJCとは真逆の適正で

該当無し


外国馬:





◆勝ち馬の条件:

JCで求められるのは先行力、上がり最速とその持続力
6歳以上が極めて不振であるのは
総合的に高いものを求められるため

1着可能馬
 ★レイデオロ
 ★サトノクラウン

以下の①②を満たすことが「ほぼ」絶対条件


①G1馬であること(勝ち馬10頭中頭) 
 ※例外はG1未出走のスクリーンヒーロ(モーリスの父) 
 
②2走前が3着内(10頭全馬が該当、海外除く)
 


 

◆好走の条件(連下候補)

②は必須
①はプラス要因

キタサンブラック
シュバルグラン  
 

①前走 天皇賞で一桁着順


近5年、15頭中11頭、天皇賞秋組が抜群の好成績
昨年は全滅も、ほぼ 毎年好走している

強いのは1着馬と3着馬

キタサン
レインボーライン


1着   1- 2- 4- 1/ 8 複勝率87.5%
2着   1- 0- 1- 5/ 6 複勝率16.7% 
3着   1- 1- 0- 1/ 3 複勝率66.7%
6-9着 1- 1- 1-13/16複勝率18.8% 


・別路戦組(前走が天皇賞ではない場合)

 京都大賞典好走馬、AR共和国杯の勝ち馬

該当無し


  

②GI3着内実績

3着以内馬30頭中29頭が2000m以上の距離のG1で3着以内の実績あり
 ⇒例外はスクリーンヒーローのみ

 

③ジョッキー

・関東JKが騎乗していないこと


・関西JKまたは外人JK騎乗が圧倒

美浦 0- 1- 1- 31/ 33
栗東 5- 3- 5- 38/ 51
外国 5- 6- 5- 62/ 78

※関西馬+外人JKはトップの好走確率
 (3-4-4-16 複勝率40%)
 
   

④1番人気(3-3-3-1)

 1番人気の日本馬は複勝率90%

 ★キタサンブラック


⑤関東馬、関東JKは大不振

過去10年関西馬が9勝、2着は10頭全て関西馬

又関東JKの好走は2名、2着と3着だけ



【キャピタルS】

G3匹敵の好メンバー

◎ダノンプラチナ
 負けたら恥

〇ダイワキャグニー
 時計勝負に強い

▲サトノアレス
 これでダメならもう終わり

★ロジチャリス
 大型馬が叩いて適距離で

△マイネルハニー
 集中力欠きブリンカー外すとか・・・


【京都2歳S】

◎タイムフライヤー
 白老の切り札がスパルタに耐えた

〇マイハートビート
 能力高い

▲スラッシュメタル
 デムーロ・・・

△グレイル
 過剰人気の感あり





以上

共通テーマ:競馬

マイルCS G1 東スポ杯 [2017年11月]

【マイルCS】



最終結論:

1着:
◎エアスピネル
〇イスラボニータ

相手:
▲クルーガー     逆転可能
★マルターズアポジー マイぺースなら
☆ヤングマンパワー  捲くれば残り目
△レッドファルクス  平坦では前止まらず






////////////////////////////////////////////////////////////////////////////



過去10年30頭の半数は前走1着(G1除く)

残りの半数はG1以外の直近のレースでは

着差が0.3以内

当該データで好走馬28頭がカバー可能

例外は勝ち馬含み2頭だけ




勝ち馬10頭中9頭は

直近の1600以下のレースで

4番人気以内

近4年は前走で4コーナを

4番手以内で通過と先行勢が

スピードで押し切る




年齢では明らかに3歳不振

これは牡馬は斤量差1Kのため

好走は1頭、ゴールスキーだけ


主力はスワンと富士S

両方全滅は過去10年では皆無

又、同組が2頭好走も皆無

つまり各組1頭だけが好走しているが

データ的な優先度は低い



マイルG1春秋の制覇は至難の業

安田記念とマイルCSは求められる要素が異なる

スタミナと地力、総合力勝負の安田記念

軽い馬場で切れ味勝負のマイルCS

安田を人気で凡走した馬

これらが巻き返すのが定石


以上のデータから好走候補を想定



1着:(直近マイル以下で4番人気以内)

エアスピネル 前走1着 富士S
 
 安田凡走、前走4角先頭
 勝ち馬のイメージに合う




相手:

ヤングマンパワー 毎日
 陣営は意外に強気、今年は順調で一発注意

サトノアラジン 天皇賞 安田記念
 不器用で加速に時間を要する
 位置取りが後ろ過ぎて差損ねも


レッドファルクス 前走1着 スプリンターズ
 安田3着も京都の方がスタミナに不安無し
 位置取りが後ろ過ぎるて・・・・


押え:

イスラボニータ 富士S

 富士S組はエアを優先、イスラは補欠(前走は重複しない)



【東スポ杯】

1着:ワグネリアン

時計的に非常に優秀
不安は輸送と福永


相手:

ルーカス
 夏以来というのは不安がある

ゴールドギア
 体質が弱く攻めきれない
 素質は高く連下なら




以上

共通テーマ:競馬

エリザベス女王杯G1 デイリー杯 福島記念 [2017年10月]

【エリザベス女王杯】

回顧:

1着はオークス2着、秋華賞3着のモズカッチャン
前走落鉄が無ければ勝っていた、は本当であった

2着は府中牝馬1着のクロコスミア
元、モズカッチャンの鞍上が意地を見せた
1番人気を前走で負かしていたのは
フロックではなかった

3着は昨年のリピータのミッキークイーン
昨年より状態は良い、というコメント通りの結果

上位人気2頭は圏外

ヴィブロスは結果、長かったのではないか

ルージュは鉄砲しか走らず、輸送も苦手
G1未勝利で引退は確定



////////////////////////////////

豪華な顔ぶれではあるが

天皇賞同様に死角は多々あり


順調な実力馬はNFの2頭

◎ヴィブロス  ルメール 府中牝馬2着

〇ルージュバック ムーア オールカマー1着

勝つのはいずれかを想定




好走が目立つ3歳馬

今年は重馬場の秋華賞

通常よりダメージは大きい

おのずと連下限定となる

定石通りであれば

秋華賞で2番人気以内の馬だが

今年は不在

3-4番人気、1-2着の2頭

△ディアドラ  デムーロ HB
 使い詰めの感あり・・・

△リスグラシュー 福永 ハーツC

△モズカッチャン ミルコ HB
 落鉄なければ勝っていた、が本当なら怖い1頭



上記3歳馬の前走ダメージが大きい場合

古馬牡馬相手に完勝の馬
年齢と乗り替わりが残念だが
馬そのものは生涯ピークと思われる


△スマートレイアー 京都大賞典1着 川田

重馬場ならともかく

良であれば切れ味で4-5歳に劣る

名手と歩みながら未だG1未勝利

しかも非社台

今更勝つのはおかしな話である

レース巧者ゆえ

恵まれて3着

普通なら掲示板前後

上積みは無いと考えるのが妥当では




尚、リピータの強いレースであるが、


ミッキーQは坂路しかできず不順であること

Qリングは加齢の影響が感じられること

連下ならありとも思えるが

点数の都合上、圏外とした





【デイリー杯】


フロンティア
 左回り、そこだけ

ジャンダルム
 武のお気に入り、アッゼニが・・・

カツジ
 松山・・・・・

ケイアイノーテック
 休み明けも鞍上は強気



【福島記念】

内枠断然のレースゆえ

サンマルティンの1着は厳しい

ウインは絶好枠にマイネル3頭の援護も

弱い3歳世代の可能性も高く

勝ち切るだけの信頼はできない

従い

復調傾向のショウナン

堅実なフェルメッツァ

新進のジョルジュ

以上3頭が1着候補




ショウナンバッハ

フェルメッツァ

ジョルジュサンク


ウインブライト

サンマルティン








以上

共通テーマ:競馬