So-net無料ブログ作成
2017年5月 ブログトップ

G1安田記念  G2鳴尾記念 [2017年5月]

【安田記念】

回顧:

昨年、モーリスから0.2差のサトノアラジン
6歳になって馬体が完成されたとの厩舎コメント
悲願達成

2着は昨年、モーリスを封じたロゴタイプ
順調さを欠いていたが昨年はフロックでは無かった

3着はスプリントG1馬のレッド

格がものを云ったG1

社台Fの関東馬が2-3着と相変わらずの好走

2頭のスピネルがけん引してきたマイル路線であったが

初対決の今回3頭には歯が立たなかった

結局、レベルが低かったということになる・・・・


//////////////////////////////

勝馬の定石は

馬体重は490K以上

前走着順は4着以内

血統は非サンデー系
但し例外的にダイワメジャー自身は勝利

マイルから中距離G1での好走歴

枠順は外枠以外

年齢は斤量の関係もあり5-6歳
4歳馬は秋を迎えてから、ということ


残念ながら全て満たす日本馬は皆無

イスラもエアも決め手が甘く・・・

海外馬は左回りと高速決着の壁がある

従い、全てを満たす
★ビューティーオンリー
これは特注馬、1着もありと想定

日本馬については減点の少ないもの

加点は昨年最強馬のモーリス
及び
今年の最強馬キタサンブラックを目安とする


1着:

ビューティーオンリー 香港G1馬
 モーリスいないのであっさりも

イスラボニータ    天皇賞3着
 崩れないだろうが勝つイメージは薄い

ステファノス     天皇3着、大阪杯2着
 とにかく枠がきつい

連下:
ブラックスピネル 
 エアとは力は大差ない
 前走は位置取り悪いが上がり最速
 アルアインのように乗れればOK


エアスピネル
 隠された?ギアが無ければ、武の云う通り勝てない
 武は安田記念はかなり苦手
 追えない武では1着のイメージ湧かず

ロジチャリス
 実はデータは殆ど満たしている
 調子は良いが相手大幅強化で

サトノアラジン
 前走負けすぎ
 実はじり脚で





////////////////////////////////////////////////

5-6歳が強いレース

4歳での勝利は超A級馬のみ

ウオッカとモーリス

2頭とも翌年好走している

エアスピネルとブラックスピネル

だいぶ落ちる、が正直なところ

能力は同程度ゆえいずれも連下限定

勝馬候補は2頭

サトノアラジン

イスラボニータ


今回、マイラーズC組が人気上位だろうが

京都と府中は求められるものが異なる

イスラ以外はあてにならない面がある


大阪杯のアンビシャス、ステファノス

2頭とも大阪杯が目標ではあるが

地力はマイラー勢よりも上

連下独占も



1着:

イスラボニータ マイC
 気力を取り戻した
 斤量差なくなるのも大きい
 ルメール4週連続G1勝ちは不自然か?


サトノアラジン 京王
 今年はここ1本で絞り、悲願達成も
 完全良馬場なら
 前走凡走でデータ的に1着は無い
 昨秋がピークで今回はまずまず
 嵌れば突き抜けるタイプだが


相手:


ステファノス 大阪
 使える脚が短く乗り役の腕が重要
 戸崎がどうか
 在厩で調整しておりG1奪取を狙っている
 スタート悪くエンジンのかかりも悪い
 機動力に欠けマイルで置かれる可能性も


エアスピネル マイC
 善戦マン、成長を待ちたい
 前走がベスト条件で消耗戦は向かず圏外も十分ある
 今回、最終追切で例外的に負荷をかけた
 どちらに転ぶかは判らない



ブラックスピネル マイC
 ギムレットの仔で消耗戦は合う
 松山がどうか
 アンビシャスと2頭出しで
 厩舎の期待はこちらも外人に断られ・・・
 




消し:

×アンビシャス 大阪
 ベストは1800、マイルに実績無く
 地力は高くショウナンマイティのパターンも
足許に不安がないか要確認
 → 最終追切も覇気がない
   馬体が480K以下は劣勢であることも割引
 アドミラブル同様、実質はアドマイヤ軍団

×レッドファルクス
 距離長いうえ、反動があるもよう

×クレーターロンドン
 足許に不安があり、調整遅れ


■好走要因

・勝馬は前走4着以内

 過去10年全馬が満たす
 →以下は勝てない
  サトノアラジン
  アンビシャス
  



【鳴尾記念】



昨年は不発も

例年は宝塚好走馬を輩出

今年は極めて低調なメンバー

宝塚、JC2着のデニムアンドルビー

この距離ならあっさりも

屋根が乗れていないのが心配な
スマートレイアー

ブリンカーで再度集中すれば
マイネルフロスト

ノリの奇襲が怖い
スズカデヴィアス

以上4頭の競馬を想定

尚、バンドは足りないのではないか


以上



中央競馬 ブログランキングへ

共通テーマ:競馬

G1優駿  G2目黒記念 [2017年5月]

【優駿】

軸:スワーヴR 1着可能

相手:

レイデオロ  1着可能
サトノA     連下
タンビュライト 連下
アルアイン   連下
アドミラブル  連下



棚卸:馬番昇順


△タンビュライト
 絶好枠も気性難、左回りはささる恐れも
 皐月賞は正攻法で時計勝負に対応と価値は高い
 連下であれば可能

〇スワーヴリチャード
 前走より大きく条件好転
 ハーツクライ特有の成長の遅さがネック
 父同様、惜しい競馬で終わる可能性も

〇サトノアーサー
 体が緩く鍛え上げられない
 自分から動くと末が甘くなる
 追い込み有利の展開であれば

△アルアイン
 松山がG1連勝できるほど、スーパーホースでは無い
 速い時計で押し切った皐月賞馬は着順を落とすのが常
 大きく崩れることはなさそう

△ベストアプローチ
 前走、勝馬に進路をカットされ追うのを止めている
 権利がとれれば良いという競馬で着差ほど実力差は無い

〇レイデオロ
 藤澤厩舎ゆえ無理な仕上げはしない
 スタートが悪く、高速馬場への対応も未知
 あっさり勝つほど抜けた馬では無い

△ダイワキャグニー
 外枠では3着がやっとか

〇アドミラブル
 外過ぎる、レースが雑で勝ち切れるかは微妙






///////////////////////////////////

主力は7-6-5

王道の皐月賞組

「5着以下」かつ「5番人気以下」は全滅

アルアイン

超高速決着の皐月賞馬

単純に故障や反動が心配

松山がダービーJKというのも

全くイメージできない

それでも勝つのであれば

オルフェーブル級


逆に

2009年のパターンも想定

ロジユニヴァース 皐月1番人気14着
リーチザクラウン 皐月2番人気13着

皐月賞馬アンライバルトは圏外
凡走した皐月1-2番人気がそのまま好走

今年であれば

スワーヴリチャード
 好枠、出遅れなければ勝ち負け
 どうにも不器用で

×カデナ
 CW追いに変更と調整過程がもやもや

以上3頭が勝馬候補


2着候補は青葉賞馬

アドミラブル 

前走、お釣り残しての出走だが
時計が早すぎた
反動ないか注意が必要
大外では勝てないのでは


3着限定(最高3着まで):

!サトノアーサー
 間隔空き過ぎでローテがおかしい
 前走はアルアインに敗戦ならやむなし
 オープン未勝利ではダービー馬など無理
 良なら相当やれそうだが、雨だと不要では
 ひ弱な面があるが府中ならアルアインを負かせる

×ダイワキャグニー
 使い減りするタイプで
 内枠ならではの馬

?レイデオロ
 能力高いが順調さを欠いて
 皐月は4番人気以内又は4着以内が必須で満たしていない


尚、アルアインを除く、皐月上位組は
あまりにも時計が速すぎたため反動からの圏外を想定

×ペルシアンナイト
 反動あり、買えない

?タンビュライト
 ここにきて馬が変わった感あり
 絶好枠に武豊と怖い面有

■好走要因

・1枠
 5-2-1

 タンビュライト

・前走G1
 9-7-6

 →アドミラブル、サトノの1着は厳しい

・前走4着以内
 9-7-7
 前走5着以下からの巻き返しは
 重賞連対馬であることが必須

 →スワーブ、カデナ、レイデオロは厳しい
   好走できるのは1頭程度か・・・・

・連対率50%
 30頭中29頭が満たす。

 →タンビュライトは圏外

・当日3番人気以内

 勝馬10頭中9頭が該当

 9-3-3と勝馬は人気馬

 連下は不人気馬でもOK

 勝馬候補:
 アドミラブル、レイデオロ、スワーブ
 

枠順も加味したデータからの推奨

1着:
スワーブ皐月 ハーツ
 出遅れなければ

サトノ  毎日 DP
 池江厩舎のエース、

2着:
アルアイン皐月 DP
 松山でG1連勝は奇跡に近いのでは

アドミラブル青葉 DP
 強いのは認めるが、酷使と大外で

3着:
レイデオロ  皐月 キンカメ
 皐月の人気・着順の要件満たさず
 今更キンカメ・・・

タンビュライト皐月 ルーラ
 連対率以外はOK
 距離延長はOK 


【目黒記念】

重賞実績で抜けているモンドが軸

アルゼンチンは56.5 ヴォルシは55

今回は同斤量

メロポリタン組は

以前よりきついローテとなり

果たしてどうか?


足許の弱いヴォルシェーブ

力はあるが短期間での

再輸送はマイナス

重賞でダメな戸崎に

乗り変わりも微妙


なお、ダービーで全力を出し切った騎手は

割引した方が良い

その点で、

蛯名、内田はOK

次いで戸崎か

四位と松山は消耗しているか?


軸:◎モンドインテロ
 勝ち負け

 

相手:
ヴォルシェーブ    ローテきつい、斤量見込まれた
ハッピーモーメント  人気にほど差は無い 
サラトガスピリット  四位だがどうか
シルクドリーマー   53キロなら2度あることも・・・
トルークマクト    出遅れなければ、蛯名
カフジP       速い時計向かないが斤量軽く


×ウムブルフ
 高速馬場向かない



以上



中央競馬 ブログランキングへ

共通テーマ:競馬

G1オークス  G3平安ステークス [2017年5月]

【オークス】

最終結論:

過去10年の勝馬は2走前に

チューリップ賞で掲示板を確保

いわゆる王道ローテの馬

2歳G1、桜花賞が

阪神外回りになった理由は

オークスでも通用するだけの

地力を求めたため

さらに

年明け重賞で連対もほぼ必須

従い主力は

ソウルスターリングとリスグラシュー

いずれも血統的には距離OKも

気性的にも体系的にもマイラー

チューリップ賞の内容から

ソウルの方が、とも思えるが

鞍上はマイルCに行きたかったとのこと

リスグラは出遅れ癖と掛癖

距離への疑問は勝馬レーヌミノルも含め

3頭とも共通しているが已むえない

救いは、3頭とも極めて順調であること

加えて

桜花賞上位人気で負けた馬

アドマイヤミヤビ

本来主役のはずではあったが

精神的な脆さの危惧

大外に加え状態は前走の方が良い

いわゆる良化途上で時間切れ

連下限定

他は定石通りに

非桜花賞組から

フローラで上位人気で好走した

フローレスマジック

2桁馬番でフローラを好走した場合

オークスでの好走率も高い

特に輸送の点で関東馬が優勢

関西馬は短期間に

二度の輸送があるため

余力の点で不利

今回は目一杯の仕上げ

DP産駒ゆえ怖い面がある

イメージできないが、戴冠も


1着:ソウルS

相手:

リスグラ

フローレスM

レーヌM

補欠:

アドマイヤM
 緩い調教
 前走負けすぎ
 内枠を希望していた
 仕上途上
 鞍上と手が合わない

※ハローユニコーンは田辺が落馬乗替で消し



補足:
①ダービー登録
ソウル、ファンディーナ、レーヌミノルは
年明け、ダービーへの二次登録を済ませている
距離についてレーヌの評価は
陣営と外部とでかなりギャップがある

②キャリア
過去5年に限定すれば
キャリア4-5戦の馬は断然有利
4-5-2
人気処で満たしていないのは
リスグラとレーヌ




//////////////////////////////////////////////////////


前走のローテ、着順、人気との相関性が

非常に強いレース

桜花賞とフローラの複勝率は同等

桜花賞 8-5-4
フローラ 0-4-4

両組だけで8-9-8

残りの勝馬2頭は忘れな草賞の1着馬


今年はフローラ組のレベルは低く

上位2頭とも不人気馬

6番人気以下の連対馬の

オークスでの結果は

0-0-1-14

つまり

フローラ1-2着馬は不要

1番人気のホウオウパフュームは

馬込みに嫌気がさして

レースを止めてしまった

気性に問題がありすぎる

能力はあるが消しとなる


フローラ組が全滅とすれば

忘れな草賞の勝馬

ハローユニコーン

期待薄である


従い

桜花賞の4頭の競馬を想定

忘れな草は連下おさえまで

1着:
ソウルスターリング
リスグラシュー

相手:
レーヌミノル
ハローユニコーン
アドマイヤミヤビ


体型的には桜花賞上位3頭は

いずれもマイラー

血統的にはハーツのリスグラだろうが

この時期に血統による距離の融通性は

参考程度

桜花賞上位が8勝であることから

距離適性より地力の方が重要


レーヌは不人気のようだが

フロック視するのは早計

ドンキのように超絶スローではない

タイムは馬場状態比で優秀

折り合って王道のレースぶり

外回りの阪神での桜花賞

勝馬のオークスでの実績は

3-1-1-3 複勝率6割超

良馬場なら他の馬にメリットが

大きいことから

勝つのは難しいだろうが

桜花賞馬であることから

2-3着なら可能ではないか










■好走条件

桜花賞組:

3着以内又は2番人気以内

レーヌミノル

リスグラシュー

ソウルスターリング

?アドマイヤミヤビ
 前走のダメージを懸念

フローラ組:3番人気以内かつ5着以内

?フローレスマジック
 良化スローで


忘れな草賞:過去2勝
ハローユニコーン
 馬体減無ければ


【平安ステークス】

クリソライト 
 武豊

アスカノロマン
 途上も昨年圧勝で

ロワジャルダン
 一発注意

ケイティブレイブ
 逃げれば勝ち負け


グレンツェント
 馬体減なければ

クリノスターオー
 途上で連下

グレイトパール
 途上で連下




以上



中央競馬 ブログランキングへ

共通テーマ:競馬

G1 ヴィクトリアマイル 京王杯 都大路 [2017年5月]

【ヴィクトリアマイル】

勝馬:

近5年の勝馬は

全てG1連対実績馬

G1実績馬

◎ミッキーQ
 2度目の生涯ピーク

〇スマートレイアー
 武豊の先行は怖い

△クイーンズリング
 状態は平凡、昨秋が生涯ピーク

△レッツゴードンキ
 体が短距離仕様

×ルージュバック
 覇気が無い・・・・


基本的にミッキーが1着濃厚

逆転候補はスマートレイアー

脚質転換後の昨年は4着

上位3頭は全てG1馬

ハイペースに巻き込まれて

崩れなかった点を評価


相手:

追込み厳しく好位以上が前提

大荒れの2015を除き

4歳が必ず好走

☆  アスカビレン
 本格化、かつ順調
 牡馬に完勝で侮れない

▲デンコウアンジュ 4歳
 早熟だろうが条件は合う
 

△ソルヴェイグ 4歳
 左回り下手?
 枠絶好で粘りこみ注意
 ダイワメジャーと血統的には推せる


補欠:
△クイーンズリング
 状態は平凡、昨秋が生涯ピーク
 馬場が悪いと止めてしまい闘志薄れ?

△レッツゴードンキ
 前走がピーク
 14番も厳しく5着位のイメージ



消し:

×ウキヨノカゼ、 フロンテアクイーン
 G1クラスでは無い


×ジュールポレール、アドマイヤリード
 馬体ぎりぎり、前走が限度、使い果たした



////////////////////////////////////


連勝を決めたのは

エイジアンウインズ1頭のみ

ミッキークイーンには嫌なデータ

距離不足は事実だが

3着以内は堅い

不動の軸とする



逆転候補は2頭

同期の桜花賞馬

レッツゴードンキ

1400がベストゆえ

余程恵まれたら、である


もう1頭は

前年の女王杯馬

クイーンズリング

前走は酷いものだが

2桁からの巻き返しは

普通のレースである

体調と闘志に問題なければ


他は連下限定で

上がり馬のアドマイヤリード

アドマイヤと僅差のレースをした

ジュールポレール




ミッキークイーン
 前走の疲れ無ければ
 相手弱化で
 低迷期を脱し、再度ピークに

スマートレイアー
 年齢的にラストチャンス
 渾身の仕上げで注意
 過去と異なり間隔空けての参戦




クイーンズリング
 状態は平凡で・・・・・・
 昨秋で燃え尽きた可能性もあり
 当日の気配は要確認
 外枠なら不要、内枠なら警戒

ジュールポレール
 上がり馬も輸送経験無く不安

アドマイヤリード
 上がり馬も輸送経験無く不安

?レッツゴードンキ
 1400ベストで勝つイメージ無し
 前走ピーク仕上げで不安
 昨年は10着でもはや短距離馬か




【京王杯】


リピータが大不振のレース

長期休み明けの好走馬はいない

その点でサトノアラジンの1着は疑問

圏外になっても何ら不思議ではない

軸にはできない


府中は雨予想を前提とする


勝ち負け候補:

ダッシングブレイズ
 ここは正念場
 雨は大幅プラス

トーキングドラム
 阪急杯勝ちとパワー型
 雨はプラス

グランシルク
 レースぶりが格に左右されすぎて・・
 賞金不足でここメイチ

サトノアラジン
 地力は断然もデータ的には圏外
 雨は苦手、あくまで相手
 目標はあくまで安田記念


連下限定:

トウショウドラフタ
 1400、雨はプラス

ブラヴィッシモ
 条件悪くない、雨もプラス



 
消し:

×レッドファルクス
 58K、距離延長、雨と3重苦

×キャンベルジュニア
 昨年より成長しているが
 前走は中1週で勝てず・・
 公式にトモの疲れとコメント
 戦前から言い訳するようでは






【都大路S】


◎ハクサンルドルフ

パドルウィール

ダノンメジャー

ベルーフ

クラリティシチー

以上



中央競馬 ブログランキングへ

共通テーマ:競馬

G1 NHKマイルC  京都新聞杯 プリンシパル 新潟大賞典 [2017年5月]

【NHK】



1番人気   6-1-0
10番人気以下 3-1-6

微妙な人気馬は勝てないレース

1番人気と2桁人気が好調で

馬券的には荒れる


枠順は不問


勝馬の10頭中7頭はマイル以上の重賞勝ち馬


キョウヘイ  重なら

ジョーストリクトリ 使い詰め

トラスト 使い詰め


残念ながら該当馬では

勝つのは難しいと判断

従い

重賞連対馬から勝馬候補を抜擢




◎モンドキャンノ
 GI2着馬
 折り合いに尽きる
 折り合えば当然勝ち負け
 フサイチホウオウがだぶる
 勿論、前走同様惨敗も想定



相手:

NZT組から1頭

 ▲ボンセルヴィーソ
  とにかく堅実で連下に抑えたい
  勝ち切るイメージはまるでない

 △ジョーストリクトリ
  前走は全てが恵まれた
  武豊が先行すればレースは落ち着く
  2-3着狙いでは

 △タイムトリップ
  


牝馬から1頭

?カラクレナイ
 前走が目標のはずで
 人気ほど走れないのでは
 追い込みでは先ず勝てない
 デムーロと内枠はプラスで3着なら


 ?ミスエルテ
 輸送のダメージなければ
 朝日杯程度走れば連下可能
 前走は叩き台、今回はしっかり追い切った


 ?リエノテソーロ
  状態抜群も距離長く連下


圏外想定:

×アエロリット
 目標は桜花賞のはず
 伸びしろはあるが今回かは別の話

×レッドアンシェル
  当日の馬体重と気配次第
  気性難、体重が変動し過ぎ

 ×アウトライアーズ
 皐月では無くここ目標だが
 落ち着いたのか燃え尽きたのか・・・
 

【新潟大賞典】

軸:メートルダール

相手:

シャイニープリンス
 地力上位で逆転も

トルークマクト
 渋った馬場向く

ロンギングダンサー
 新潟巧者

補欠:

サンデーウィザード
 過剰人気

ジュンバルカン
 出遅れなければ


ハンデは4・5歳は「54~56kg」

6歳以上は「56kg以上」が主流

リピータ、高齢馬に優しいレース

近5年の勝ち馬は全て前走がローカル(福島、中京)




【京都新聞杯】

ダービー最終便

プラチナムバレット(マイネル系)
 強行軍だがここが勝負のはず
 ダービー云々より
 厩舎として重賞勝ちが必要
 既に6年未勝利ではまずい
 相手関係は楽になっており
 かなりやれるのではないか

ハギノアレス 
 未勝利は2頭3着までと苦戦だが
 時計的には足りる

ミッキースワロー NF
 キャリア不足、強行軍、屋根がマイナス
 時計の裏付けはある

 

インヴィクタ 社台系 若葉S
 友道 佐々木 NFと最強トリオ
 キャリア不足でデータ的には連下
 血統的に高速京都は合わない感あり


サトノクロニクル 社台系
 厩舎は弱気、JKは強気だが
 予定していた中京を使えず、
 順調でないのは事実
 キャリア不足もデータ的にマイナス
 データでは良くて3着
 過信禁物



【プリンシパル】

ヘリファルテ
 名門厩舎

ダイワキャグニー
菊沢厩舎は東西2頭出し

チャロネグロ
 白老F

レッドローゼス
 仕上がり絶好

エトルディーニュ
 惑星
 相手弱化で残り目十分

スズカメジャー
 NHKマイルのはずが・・・・







 

 





1~11番 10-10-8 と

外枠が明らかに不利

連対馬のキャリアは

5~8戦 10-9-5

9戦以上は全滅


500kg未満10-10-8-

大型馬は苦戦


500万下~1800M以上での連対

10-9-7と基本条件













以上



中央競馬 ブログランキングへ

共通テーマ:競馬
2017年5月 ブログトップ