So-net無料ブログ作成

G1オークス  G3平安ステークス [2017年5月]

【オークス】

最終結論:

過去10年の勝馬は2走前に

チューリップ賞で掲示板を確保

いわゆる王道ローテの馬

2歳G1、桜花賞が

阪神外回りになった理由は

オークスでも通用するだけの

地力を求めたため

さらに

年明け重賞で連対もほぼ必須

従い主力は

ソウルスターリングとリスグラシュー

いずれも血統的には距離OKも

気性的にも体系的にもマイラー

チューリップ賞の内容から

ソウルの方が、とも思えるが

鞍上はマイルCに行きたかったとのこと

リスグラは出遅れ癖と掛癖

距離への疑問は勝馬レーヌミノルも含め

3頭とも共通しているが已むえない

救いは、3頭とも極めて順調であること

加えて

桜花賞上位人気で負けた馬

アドマイヤミヤビ

本来主役のはずではあったが

精神的な脆さの危惧

大外に加え状態は前走の方が良い

いわゆる良化途上で時間切れ

連下限定

他は定石通りに

非桜花賞組から

フローラで上位人気で好走した

フローレスマジック

2桁馬番でフローラを好走した場合

オークスでの好走率も高い

特に輸送の点で関東馬が優勢

関西馬は短期間に

二度の輸送があるため

余力の点で不利

今回は目一杯の仕上げ

DP産駒ゆえ怖い面がある

イメージできないが、戴冠も


1着:ソウルS

相手:

リスグラ

フローレスM

レーヌM

補欠:

アドマイヤM
 緩い調教
 前走負けすぎ
 内枠を希望していた
 仕上途上
 鞍上と手が合わない

※ハローユニコーンは田辺が落馬乗替で消し



補足:
①ダービー登録
ソウル、ファンディーナ、レーヌミノルは
年明け、ダービーへの二次登録を済ませている
距離についてレーヌの評価は
陣営と外部とでかなりギャップがある

②キャリア
過去5年に限定すれば
キャリア4-5戦の馬は断然有利
4-5-2
人気処で満たしていないのは
リスグラとレーヌ




//////////////////////////////////////////////////////


前走のローテ、着順、人気との相関性が

非常に強いレース

桜花賞とフローラの複勝率は同等

桜花賞 8-5-4
フローラ 0-4-4

両組だけで8-9-8

残りの勝馬2頭は忘れな草賞の1着馬


今年はフローラ組のレベルは低く

上位2頭とも不人気馬

6番人気以下の連対馬の

オークスでの結果は

0-0-1-14

つまり

フローラ1-2着馬は不要

1番人気のホウオウパフュームは

馬込みに嫌気がさして

レースを止めてしまった

気性に問題がありすぎる

能力はあるが消しとなる


フローラ組が全滅とすれば

忘れな草賞の勝馬

ハローユニコーン

期待薄である


従い

桜花賞の4頭の競馬を想定

忘れな草は連下おさえまで

1着:
ソウルスターリング
リスグラシュー

相手:
レーヌミノル
ハローユニコーン
アドマイヤミヤビ


体型的には桜花賞上位3頭は

いずれもマイラー

血統的にはハーツのリスグラだろうが

この時期に血統による距離の融通性は

参考程度

桜花賞上位が8勝であることから

距離適性より地力の方が重要


レーヌは不人気のようだが

フロック視するのは早計

ドンキのように超絶スローではない

タイムは馬場状態比で優秀

折り合って王道のレースぶり

外回りの阪神での桜花賞

勝馬のオークスでの実績は

3-1-1-3 複勝率6割超

良馬場なら他の馬にメリットが

大きいことから

勝つのは難しいだろうが

桜花賞馬であることから

2-3着なら可能ではないか










■好走条件

桜花賞組:

3着以内又は2番人気以内

レーヌミノル

リスグラシュー

ソウルスターリング

?アドマイヤミヤビ
 前走のダメージを懸念

フローラ組:3番人気以内かつ5着以内

?フローレスマジック
 良化スローで


忘れな草賞:過去2勝
ハローユニコーン
 馬体減無ければ


【平安ステークス】

クリソライト 
 武豊

アスカノロマン
 途上も昨年圧勝で

ロワジャルダン
 一発注意

ケイティブレイブ
 逃げれば勝ち負け


グレンツェント
 馬体減なければ

クリノスターオー
 途上で連下

グレイトパール
 途上で連下




以上



中央競馬 ブログランキングへ

共通テーマ:競馬