So-net無料ブログ作成
検索選択

オーシャン チューリップ 弥生 [2017年2月]

G1の前哨戦が3つ

【弥生賞】

軸:コマノインパルス
 Mチャールズ同様連勝するか

★ダイワキャグニー 社台
 気性難を見せなければ、勝ち負け


連下:

グローブシアター 社台 
 ホープル3着の超良血馬
 馬体が小さく勝ち切るのは厳しいか


カデナ DP産駒
 あっさりの可能性も、中山向かない
 福永は土曜ダメダメで

マイスタイル
 3着なら可能では

ダンビュライト 社台
 中山向かない、連下




【チューリップ】

怪物の登場

立場上、負けられない

ミリッサはここで凡走すると

桜花賞は出走不可

社台グループとして

配慮はあるはず

一叩きして万全


1着:

リスグラシュー   NF
 スタート決めれば勝ち負け

ソウルスターリング 社台F
 無敗女王
 ペルシアンNに完勝で地力は相当高い
 意外に馬体が増えずやや心配

3着:

ミリッサ NF
 賞金不足も前走がメイチ仕上げで・・・
 馬体が貧弱、気性難で前走状態を維持するのがやっと



惑星:紅梅Sの上位馬

★アロンザモナ    非社台
 状態良くミリッサに先着可能

エントリーチケット
 早熟なマイネル系も柴田で


【オーシャン】

阪急杯は大波乱

有力馬が叩き台で負ける為

そもそも荒れるレース

今年はレベルが低すぎて

有力馬さえ不在

波乱でも配当は低い



◎メラグラーナ
 吉田和美 勝ち負け

★クリスマス
 メイチ仕上げ、遅咲きも注意

ウインムート又はコスモドーム
 マイネル軍団

ブレイブスマッシュ
 横典自信の西下も初距離で
  

×ナックビーナス
 使い詰めで状態疑問


中央競馬 ブログランキングへ

共通テーマ:競馬

中山記念 アーリントンC 阪急杯 [2017年2月]

【中山記念】


最終結論:


休み明けの実績馬と上がり馬

組み合わせ


次走が大目標の3頭

あてにならない面はある

地力は高いが3頭での決着は想定せず

アンビシャス 昨年より明らかに緩い造りで叩き

リアルスティール 昨年と変わらず戸崎で無難に乗るか??

ヴィブロス  なぜにドバイ?も小柄で無理できず


昨年から台頭してきた3頭

かつてのシルクフェイマス

フェデラリストほど勢いはないが

1頭は好走できるはず


ツクバアズマオー
 フェデラリスト同様のローテ
 
サクラアンプルール
 横山+サクラは要注意

ネオリアリズム
 札幌記念だけ走れば勝てる
 昨年末の強行軍がやや不安


//////////////////////////////////////////////


今年からは

G1大阪杯の前哨戦

G1級のメンバー


アンビシャス   前哨戦は滅法強く
リアルスティール 強いがあてにならず
ネオリアリズム  先行してどこまで
ロゴタイプ    58Kはきついが巧者
ツクバアズマオー 相手強化で連下か 

以上5頭での競馬を想定


なおヴィブロスはコースがまるで合わない

58Kのロゴタイプにも先着は難しいのでは


前年に重賞連対    8-9-8
前走6番人気以内   10-8-9
中6週以上(過去6年) 6-5-6


【阪急杯】


最終結論:

先行するミッキーに要注意
重賞勝ちを狙っているふしあり

シュウジとロサは共にプラス体重
次走G1を好走するには
データ通り連対が必要

ムーンは次走ハンブルグが目標で期待薄

シュウジ
ロサギガンティア
ミッキーラブソング
ムーンクレスト


///////////////////////////////////////


格がものを云うレース

今年はかなりレベルが低い


軸は阪神C組
シュウジ
ロサギガンティア


6年連続で
前走2桁馬が好走
ムーンクレスト
地力不足で連下限定


リピータのブラヴィッシモ
前走は太目で絞れれば


・1着は当日4番人気以内

・シルクロードS組は不振

 好走はマジンプロスパーが2回
 他は全滅
 リピータのブラヴィッシモはOK




【アーリントンC】

ここ2年は

酷く荒れている

馬力型が好走

社台の期待馬ペルシアンナイト

負かすなら嵌った時のキョウヘイ

2度恵まれることは

少ないので

相手までとしたい


◎ペルシアンナイト
 堅実で軸向き
 社台、関西馬、外人で必勝態勢か

キョウヘイ
 前走嵌った感あり過信できず

レッドアンシェル
 社台、関西、乗替

ディバインコード
 決め手甘く

惑星:清水2頭出し

やけにJKが良いのは気にしたい

ジョーストリクトリ
 地力不足で連下まで、武豊

ナンヨーマーズ
 ルメール以外に推せる材料なく







中央競馬 ブログランキングへ

共通テーマ:競馬

フェブラリーS 京都牝馬S ダイヤモンドS 小倉大賞典 [2017年2月]

【フェブラリーS】

最終結論:


主力

コパノ
カフジ
ノンコ
ベストウォーリア

おさえ

ゴールド
アスカ




アウォーディー とホッコータルマエ

大きな柱がおらず混戦模様

もっとも恩恵をうけるのは

コパノリッキー

さらに

連覇時と同様に

良馬場で武豊

年齢的に勝ち負けはともかく

無印にはできない



「いつも通りにレースをする」

が大前提ではあるが、

カフジテイクとベストウォーリア

ベストは例年とは異なり

叩いてきた

昨年は同馬主のモーニン

賞金不足の為

前哨戦はなし

年齢的にも今年が最後


ノンコノユメ

去勢のダメージから回復傾向

覇気が無いのか落ち着いたのか

今回で明らかになる



アスカのロマン

昨年はGI 3着2回

勢いは疑問だが

連下押えとなる


ゴールドドリーム

社台の期待馬

古馬上位勢との

対戦がなく

評価が難しい

結果的に

過剰人気となる可能性は

それなりにある

勝ち負け云々

という力量は無いと判断







//////////////////////////////////////

今年最初のG1

前走3着以内9-8-9

勢いが最重要なレース


前走4着以下4頭のうち

3頭は秋のG1南部杯を優勝

★武豊コパノリッキー

好走条件は満たしている

アスカ次第ではあるが

マイペースでいけると

1発の可能性は十分


昨年の連対馬2頭は明暗

モーニンは明らかに良化スロー

フレグモーネで急仕上げもマイナス

昨年は最大の上がり馬であったが・・・


逆に

★ノンコノユメはV時回復の感あり

去勢のダメージから1走毎に回復

今回はピークで臨める

関東馬、500K未満、前走4着以下

悪材料ばかりではあるが

去勢という特殊事情を考慮したい


昨年3着のアスカノロマン

昨秋のG1では穴をあけた

但しマイナス10Kでのこと

切り札は使い切っている

期待はできない

前走は楽をしたので

昨年並みに走れば食い込みも


晴れてG1勝馬となったサウンドトゥルー

チャンピオンズCは生涯最高の出来

その後2戦していることから

距離が合わないフェブラリーは

獲りに来ているとは思えない

アスカ同様切り札は使いきっている

騎手変更はマイナス

マイルも単純にマイナス

苦手な芝スタートでどこまで

地力以外で買う理由は見当たらない


最大の上がり馬は★カフジテイク

福永から津村へ戻るが

主戦なので大差はないとみる

追込みきれれば

ローテも含め

昨年のモーニンの再現となる


なお

前走根岸組は不振

勝馬つまりカフジのみが例外

その点で

ベストウォーリアは買えない

毎年挑戦もやはり距離が長い

昨年までとは異なるローテで

勝負気配は高いが

年齢的な翳りは歴然

南部杯もJBCも取りこぼし

今回は最高峰の中央G1

3着するのもハードルが高い

カフジが勝つ展開なら

3着争い可能とみる



1着:


コパノリッキー(1着か圏外)

カフジテイク

ノンコノユメ



相手:以下から1頭のみ

ベストウォ―リア 大崩れなく

アスカノロマン  ぎりぎりか

サウンドトゥルー 雪崩注意


 

【京都牝馬S】

前走重賞組が必ず1頭は好走

軸はアットザかレッツゴー

相手はDP産駒のスナッチ

昨年より屋根は良いので期待できる

伏兵は外枠2頭




アットザシーサイド KK
 今の京都は合わないが距離ベスト

スナッチマインド DP
 ソラを使わなければ勝ち負け

レッツゴードンキ
 今の馬場は合う。あてにならないがG1馬で・・・

ワンスインナムーン
 状態抜群。屋根も度胸あり怖い

ウインファビラス
 今の馬場は合う。そもそもG1 2着馬



【ダイヤモンドS】

G1は諦め

出走するG2G3は全て獲る意気込み

軸はアルバート

但し、有馬の反動がややある模様

頭鉄板とは云い難い


相手は社台の期待馬 カフジプリンス

しっかり追えれば勝ち負け


3着限定で

ラブラドライト

ジャングルクルーズ

プロレタリアト

プレストウィック


【小倉大賞典】

平坦小回りも差馬が台頭するレース

先行馬が揃い過ぎており

ベルーフとフルーキー

いずれかは馬券になるのでは


軸:ベルーフ
  厩舎の本命はこちらか

逆転候補:

マイネルハニー
 軍団のエース大知で勝ち負け

クラリティスカイ
 地力は1枚上

連下限定:

マルターズアポジー
 穴男の武士沢

ケイティープライド
 小回り得意、連下限定

フルーキー
 脚が一瞬で善戦までか






以上




中央競馬 ブログランキングへ

共通テーマ:競馬

共同通信杯 京都記念 クイーンC 洛陽S [2017年2月]

回顧:

土日のメーンは府中と京都

共に3連単のオッズは同等

日曜メーンは2着に共に伏兵が好走

先週の日曜メーンは

1番人気が共に勝てず連下死守

妙に相関性が強い結果となった

奇妙ではある

共同通信杯はスワーヴが完勝

直行するなら勝ち負け確定

皐月賞については

弥生賞の結果待ち

好走馬を連下に





【共同通信杯】


過去10年3番人気以内での決着は3回

今年も同様ではないか

3頭どれが勝っても異論なし

ブリンカー効果があれば

エアは勝ち負け


波乱の目は少ないが

出遅れ常連ばかりなので

上位人気

差馬同士の牽制で

3着に先行した場合のアサギリジョー

マイネルスフェーンを目安とすれば

理屈では可能も

クイーンCを見る限り

社台勢が決めるのではないか




////////////////////////////////////////////////////////


皐月賞への最有力ステップレース

ここで連対し直行すれば

皐月賞馬になる確率が

非常に高い



社台の主流血統で独占か

エアとヴェルは賞金不足

いずれか連対するのでは

ムーヴは成長がゆっくりで

頭鉄板とは云い難い


★スワーヴリチャード HC
★ムーヴザワールド DP
☆エアウィンザー    KK
アサギリジョー




【京都記念】

1着:

★ミッキーロケット

相手:

★マカヒキ

ヤマカツライデン

サトノクラウン



重ならマカヒキは無理できず

きさらぎ賞のような場面も

サトノは58が厳しい

絞れればヤマカツライデン

5年前の再現も






////////////////////////////////////////////////////////

ダービー馬登場

1週前も順調


★マカヒキ

★ミッキーロケット

ヤマカツライデン

サトノクラウン


【クイーンC】

百花繚乱

ダイワメジャー

ミッキークイーン

近年はクラシックへの

有力ステップ

注目はアドマイヤ雅

賞金不足のため

ここは必勝態勢

1週前も抜群の調教





休み明け:

レーヌミノル
 マイルはやはり長い
 地力は高い

★フローレスマジック
 DP産駒、期待馬
 10月以来はマイナス

★アドマイヤミヤビ NF
 マカヒキと併せ抜群の状態
 不遇のアドマイヤ復活か?



新興勢力:

★アエロリット NF
 叩き2走目でここ目標

ディヴァインハイツ
 出走叶えば惑星

?セイウンキラビヤカ

×ハナレイムーン
 状態疑問、休み明けもマイナス

×シンボリバーグ
 地力に疑問
 


勝馬の条件は以下の3つ


中3~8週 9-5-5

前走500万下か重賞 9-6-6

前走阪神か中山 10-7-7


満たすのは以下3頭

レーヌミノル

アエロリット

モリトシラユリ


従い1着はアエロリット

対抗は〇レーヌミノル

前走G1 3着以内は

連対率100%

但し叩き台ゆえ過信できない

他は人気2頭

☆フローレスマジックは気性難

▲アドマイヤミヤビは距離不足



【洛陽S 】

粒ぞろいの一戦

ダービー2着馬が登場

順調なら重賞に出ている馬

異例ではある


サトノラーゼン ダービー2着馬も怖がりで

ダッシングブレイズ 休み明け 出走伸び伸びで

ラングレー   休み明け 乗り替わり不運 

グァンチャーレ  京都専用馬も相手が強い

であれば内枠のケントオ―は走り頃か



以上




中央競馬 ブログランキングへ

共通テーマ:競馬