So-net無料ブログ作成
検索選択

G1 スプリンターズS  凱旋門賞 [2016年10月]

【スプリンターズS】


重視するのは以下の2つのデータ


 1400M以上での連対

 当年勝利


双方満たすのは6頭

 ビッグアーサー 
 ソルヴェイグ   
 ダンスディレクター  
 ミッキーアイル    
 べルカント       
 レッドファルクス

  


次いで重視するのは以下3つ

 馬格があること

 休み明けで無いこと

 サマーシリーズで酷使していないこと





 ビッグアーサー 
 ソルヴェイグ
   
 ダンスディレクター 馬格  
 ミッキーアイル   休み明け 
 べルカント     夏3戦  
 レッドファルクス  休み明け


 上記を考慮し


 1着:

 ビッグアーサー 
 ソルヴェイグ

 相手:

 ダンスディレクター 馬格不足  
 ミッキーアイル   休み明けだがG1馬


 格がものを云うレースであることから

 惑星は2頭:

 レッゴードンキ G1馬

 スノードラゴン G1馬


 上記2頭とも

 時計勝負はNG

 馬場が悪ければ3着可能とみる







【凱旋門賞】

応援と馬券は別

アウェイで帯同馬無しの出走

DPやエルコンドルでも勝てない理由

個の能力で勝っても

ブロックされる

包まれる

良い位置取りができない

アウェイゆえである

上記を考慮すると

2年連続2着のオルフェーブル

本当に偉大であった

59.5である


マカヒキの優位は年齢

3歳で56.5

そこだけである

これで勝てたら

大したものである

サトノクラウンでも

好走できる算段になる

ちょっと妙ではないか?

今年は相手も弱いとなれば

なるほど、というレベル。




1着:

?マカヒキ    大外
?レフトハンド  大外
ハーザンド 愛と英のダービー連勝



相手:

ポストポンド
サヴォワヴィーヴル
ファウンド

補欠:
?ニューベイ 昨年3着
?オーダーオブセントジョージ(斤量きつい)

 
 ・シャンティは内枠有利
  仮柵が移動し、インコースはグリーンベルト

  マカヒキは不利
  ハーザンド、ポストポンドは絶好枠

  
 ・過去に凡走した馬は勝てない
  1着不可
  ニューベイ(3着)
  シルジャンズサガ
  ファウンド
  シルバーウェーヴ

  ※好走馬のリピータは目立つ
   ★ニューベイ(3着)は連下OK
 

 ・2400メートルで1着(30頭中28頭、例外2頭は出走歴無し)
  ×ザグレーギャツビー
  ×サヴォワヴィーヴル

 ・勝馬は前走G1かニエル賞で5着以内
  ★オーダーオブセントジョージ
  ★マカヒキ


 ・勝馬は7勝の3歳か3勝の4歳
  ポストポンド は1着不可
  ★オーダーオブセントジョージ
  ★★マカヒキ 3歳

  牝馬の5勝中4頭は前走ヴェルメイユ賞
  ★★レフトハンド(牝3)



/////////////////////////////////////////////////

前走から連勝は牝馬のみ

中山未経験

セントウル勝馬は過去10年未勝利

輸送も含め

ビッグアーサーは意外と厳しい状況

取りこぼしも想定しておきたい



ミッキーアイルは

昨年休み明けで4着

今年はさらに間隔が空いた

同様のローテで好走は

キンシャサノキセキのみ

取り消しでのぶっつけ

1週前の追切は精彩を欠いた

ここまで使えなかった時点で

負けているのではないか

最終追切は強烈なため

何とか間に合ったか

昨年との違いは

同型が少ないこと

ネロとベルカントなら

楽に凌げるのではないか



1発ならダンスディレクター

実績不足ではあるが

前走明らかに叩き

阪神Cの内容から

中山の急坂もこなすか

馬格が無いため

勝ち切るのは無理

なお出遅れたら終わり

内枠だと大きくマイナス


牝馬の好走率は高い


ソルヴェイグ

斤量は増えるが

成長力でカバー

馬格もあり

人気よりもやれるはず

乗り変わりはマイナス



ベルカントは使い詰め

急坂も堪えるはず

サマー奪取が目標で

既に役目を終えている

武が乗らないのもマイナス

圏外想定


G1馬のレッツゴードンキ

時計勝負は厳しい

時計かかれば残り目も




リピータが強いレース

今年は高齢馬2頭

サクラゴスペル
スノードラゴン

3着なら


毎度人気のシュウジ

前走はメイチで惜敗

サマースプリントを逃した

お釣りは無く買えない


1着可能:

ビッグアーサー 
 セントウルG2 1着

ソルヴェイグ 
 函館SSG3 1着 馬格OK


最大の惑星:

 レッツゴードンキ



連下限定:

?ダンスディレクター
 シルクロードG3 1着 
 馬格が無い
 1週前軽すぎ
 状態の見極め必要
 最終も平凡で良化疑問
 出遅れ癖
 
ミッキーアイル
  長期休み明け
  鉄砲はOK
  展開有利



補欠:

べルカント
 昨年惨敗で・・・
 今年も余力なく

ブランボヌール
 中山では馬力不足
  


・1着馬の条件

7月以降に1~2走

 1回7-2-4 
  Bアーサー
  Bボヌール
  ソルヴェイグ
  Dディレクター
  レッツゴードンキ
  レッドファルクス
  スノードラゴン
  
 2回2-3-4
  ネロ

 0回1-3-0
  Mアイル
  サクラゴスペル

 他 0-2-2
  ベルカント
  ラヴァーズP


・好走条件

基本: 年内勝利

  未勝利馬は0- 1- 1-38

  好走率5%と極めて不振

  穴をあけたスノードラゴンと
  サクラゴスペルも満たしており
  必須となる条件

  満たす馬は7頭のみ

  ビッグアーサー  割引なし
  ソルヴェイグ    割引なし


  ダンスディレクター馬格不足  
  ミッキーアイル  長期休み明け
  
  べルカント     夏3戦の疲れ、平坦専用
  ブランボヌール  馬格不足、1400以上連対無し   
  レッドファルクス 休み明け サウスポー

①高松宮記念で4着以内

Bアーサー
Mアイル 0.1
アクティブミノル 0.4

高松宮記念1着馬 複勝率50%

高松宮記念2-4着以内 複勝率33%

高松宮記念出走 5-7-2

②高松宮に出ていない馬

 5-3-8

 高松宮上位馬と互角の成績

 不出走組をおさえる必要あり


③1400M1以上での連対

 日本馬25頭中24頭が該当

 例外1頭は3着

 同年のサマーシリーズを勝った馬

 ×ブランボヌール
 ×ネロ


④リピータ

 過去10年で5頭

 サクラゴスペル
 スノードラゴン




 

中央競馬 ブログランキングへo

共通テーマ:競馬

オールカマー 神戸新聞杯 [2016年9月]

【オールカマー 】

同年の宝塚組の複勝率は88%

今回であれば2頭は好走できる確率

宝塚3着以内の場合

複勝率は100%

従い

マリアライトが軸

相手は宝塚の2頭

サトノノブレス

カレンミロティック

実績で云えば

断然カレン

非根幹距離もこなしている

仕上がりはサトノが上

G1では勝負にならない馬

当然ここを狙っている


懸念は2頭ともテン乗り

かつ

関東圏では全て圏外であること


この場合

非根幹距離で好走の

ショウナンバッハ

待機策では届かないので

3着までか



単穴はゴールドアクター


有馬→日経とマリアに完勝

ハンデ差を考慮すると

今回は有利

マイナス面は2つ

距離短縮はプラスでは無いこと

入れ込みがきつくなっていること

加えて

ジョッキーのレベルが低いこと

但し

今年の冬と同等の走りをすれば

負けることはないはず




軸:



マリアライト
 ゴールドに完敗しているが
 今回は仕上げ順調
 雪辱の可能性大
 G1しか勝てない、勝たない
 好走すれど頭は微妙
 雨は大きくプラス

相手:


ゴールドアクター
 有馬目標で8分程度
 入れ込み解消されず圏外も
 距離は不足、2400Mは欲しいところ
 中山適性は随一、今年前半の連勝は見事
 


サトノノブレス
 過去2回とも大惨敗(一昨年は新潟で参考外)
 今年はG1以外は全て好走
 メンタル面で持ち直した感あり
 G1は駄目だが前哨戦はとにかく走る
 福永が中山と勝負気配は高い(土曜も勝利)
 良馬場は見込めずどうか

ワンアンドオンリー
 メンタル面の解消は不明だが
 前向きになれば圧勝できる力はある

カレンミロティック
 海外遠征の叩きで無理はしない
 番手なら好走確率高い(逃げると凡走)
 勝つと海外のハンデ増える・・・

ショウナンバッハ
 AJCで僅差、状態良ければ3着なら



補欠:


×ツクバアズマオー
 3着限定、中山得意も使い詰めで
 2年前のクリールに匹敵する戦績
 前走非重賞は好走2回のみと厳しい


×クリールカイザー
 2年前の出来には程遠い
 調教師はいつも強気であてにならず




【神戸新聞杯】

マカヒキと互角の力がある

サトノが軸

但し

G1以外は明らかに軽んじている

G1の為なら取りこぼしも許容


エアスピネルは地味に好走

力を要する阪神は向く

一方

レッドエルディストはどうか

平坦ならエアに近いところまで

成長しているが

坂のある阪神では成長待ち

そもそも

レッドの冠名は大成しない

牝馬のレッドデザイアだけである

成長はしたが

春のG1 5着以内馬は

非常にレベルが高い

同様の休み明けでは

分が悪いのは当然のこと


一叩きした

ナムラシングンを上位に取る

ダービー組で3頭独占は無いことも

後押しができる

上手くいけば

捲くりで押切も可能だが

これは鞍上に度胸が必要

乗り替わりはマイナスも

池添なら、とは思う



軸:

サトノダイヤモンド
 とびが大きく中山向かず
 崩れないが叩きで頭鉄板とは云えない
 一気にかわされる可能性も

相手:

★ナムラシングン 
 プラス体重で楽勝と理想的
 好走目立つ〇×特別組(1000万下)
 今の勢いなら押切も
 池添騎乗は期待できる
 

レッドエルディスト ダ
 今回は余力あり
 春より大きく成長も
 未完成で平坦向き

エアスピネル ダ
 距離は長く勝つのは無理
 調教今一つ
 とにかくしぶとい馬




×マイネルラフレシア
 状態良く伏兵
 サウスポーの感あり
 相手が強すぎる
























 

中央競馬 ブログランキングへo

共通テーマ:競馬

ローズS セントライト [2016年9月]

【ローズS】


順調なシンハライトに逆らうのは無謀

つけ込む隙はジュエラーだが

大きく崩れるほどの怪我では無い

せいぜい3着


大勢逆転するなら

デンコウアンジュ

春は馬体減との戦い

今回は至極順調

メジャーを差し切った

息の長い末脚

再現できれば

この相手でも


今回有力馬は後方待機

展開の利は前の組

アットザとアドマイヤ

あてにはできないが

パンチ不足のレッドよりはまし







1-2着又は1-3着

ジュエラー  調教は普通も阪神合う
シンハライト 万全、勝ち負け


相手:

?アットザシーサイド KK
 距離ぎりぎり
 臨戦態勢
 桜花賞3着
 オークス大敗からの巻き返しは過去にあり


? アドマイヤリード
 桜花賞5着馬
 あてにならないが1発注意
 岩田→ルメールは大きくプラス

???レッドアヴァンセ DP
 臨戦態勢
 桜、樫共に堅実も弾けない


★最大の惑星

デンコウアンジュ MS

 嵌った時の破壊力は随一
 春は馬体減で不発
 馬体増なら大きくプラス評価




/////////////////////////////////////////////////////////

G1馬2頭は余裕残しも

地力が違いすぎる

波乱は期待せず

相手は最大勢力のオークス組

目安はオークスで6着以内

又は

桜花賞で6着以内

変わり種は

チューリップ3着以内馬









【セントライト】

皐月賞の内容から

死角は無い

寧ろ

負けたら問題


連下同士の差は少ない


今回は勝ち方を見る競馬ではないか




1着:

ディーマジェスティ
 仕上がりほどほども能力突出

2着:

ゼーヴィント ラNK1着
 血統構成はマジェスティと近い
 番狂わせならこの馬
 既に7本消化し万全

プロディガルサン
 状態は良い、あとは力が足りるか
 既に9本消化し入念な仕上げ

3着:

プロフェット
 あくまで穴馬
 中山は合う

メートルダール
 詰め甘く中山もどうか
 善戦マンで3着なら

ステイパーシスト
 開花するかどうか








 

中央競馬 ブログランキングへo

共通テーマ:競馬

紫苑S 京成杯AH セントウルS [2016年9月]

【紫苑S】


中山2000は外枠不利



◎ビッシュ

地力上位だが賞金微妙

権利奪取が至上命題

勝ち切るかはともかく

権利付与の3着

複勝は堅いと判断


逆転候補は

絶好枠で押切の怖さがある

フロンテアクイーン


次いで、

中山ではまるであてにならないが

爆発力のある

ヴィブロス



連下限定で


エンジェルフェイス
 成長乏しい

パールコード
 賞金あり無理はしない


惑星は

パーシーズベスト

勢いはある











/////////////////////////////////////////

重賞に格上げされ

例年とは異なり

有力馬が集結

従い

過去の傾向は

あてにはならない


重賞好走歴が無い場合

上がり馬である必要がある


主力:重賞好走馬

ビッシュ
 賞金微妙で勝負気配は高い


パールコード
 大事を取った甲斐があれば
 多頭数に怯まねば好走可能
 伸びしろがありそう


フロンテアクイーン
 地味に強敵相手に好走している
 MS産駒で中山は向く


?エンジェルフェイス
 逃げるか 
 成長度にやや疑問


おさえ:社台系

クィーンズベストNF




パーシーズベストNF

ヴィブロスNF
 中山は条件マイナス
 前走圧巻でここは試金石
 陣営は強気





・重賞好走歴がないこと

重賞好走馬 0・1・1・13


・中山マイル以上で連対

 近4年3着以内馬12頭中10頭は該当


エンジェルフェイス  重
ゲッカコウ      重
パールコード     重
ビッシュ       重
フロンテアクイーン  重
ベアインマインド
ファータグリーン
シークザフューチャ
クィーンズベスト 

例外馬:
ヴィブロス
パーシーズベスト






【京成杯AH】


大不振の1番人気はロードクエスト
池添で55Kであれば信頼したい


大健闘の2番人気はダノンプラチナ
斤量はきつく連下


勝てばサマーシリーズ奪取
ダノンリバティは鞍上に不安あり
スムーズに運べれば


惑星は2頭

G1馬のクラリティスカイ
転厩2戦目で前回よりはやれるはず

前回は夏負けのラングレー
鞍上が不安だが3着なら


ダイワとダンスは3着なら可能も
前走より相手強化
使い込んだダンスの方が評価は上


そもそも本レースは
夏競馬組
特に関屋記念が優勢











/////////////////////////////////////

1番人気の好走1回のみ

2番人気の複勝率80%

前走1着の複勝率42%

関屋記念組が目立つ

近3走以内にG1出走馬は
ほぼ毎年好走

3歳複勝率38%




〇ロードクエスト  G1、3歳
 1番人気だと凡走も
 中山は未勝利で合わない
 今回外回りで少しはましか

◎ダノンリバティ  関屋
 前走は最も強い競馬
 馬力型で中山合う
 勝てばサマー奪取
 状態はピークの前走からやや落ちている

△ ダンスアミーガ 関屋
 夏馬でここ全力投球では
  

△ペイシャフェリス  1着
 距離適性が良くわからず

△ダイワリベラル 中山専用
 状態ほどほどで・・



×ラングレー    関屋
 大箱平坦向けで中山合わない
 前走は夏負けだが回復しているのか??




【セントウルS】

アーサーは1200での凡走は1度のみ

使い詰めが理由


今回は気持ち太目も体調は良い

頭は微妙も軸として信頼

逆転候補はエイシン

ネロは直線以外では過信できない

ネロが圏外なら

ラヴァーズポイントの逃げ残り

ウリウリは加齢の影響なのか

以前の鋭さが見られない

この年で復活があるのか

かなり疑問ではある


1-2着:
ビッグアーサー
エイシンブルズアイ
ネロ

3着:牝馬

ウリウリ
ラヴァーズポイント



//////////////////////////////////////////


実績馬が有利なレース

休み明けの勝利は

昨年の1回のみ

つまり

勝馬の前走は

サマーシリーズ

この点で

ビックアーサーの1着に暗雲


勝馬の傾向は

前走3着以内

もしくは

前走2番人気以内

該当は

エイシンブルズアイ 9着

ラヴァーズポイント 11着

ネロ 2着

勝馬の前走着順は

10頭中7頭は3着内


5勝は北九州の凡走組

3勝はアイビス3着以内馬


ネロ

もしくは

ラヴァーズポイント

2頭が優勢となるが

中山オーシャンSで

ネロは完敗

ラヴァーズポイントは

前走でやや負けすぎ

従い逆転候補は

エイシンブルズアイ


データ:


前走7着以内 8-10-10

牝 7-3-5

3月以降の重賞で連対9-6-6

5歳以下 5-5-3 (近5年)

アイビス3着内 3-0-0-1

北九州記念組 5勝でトップ



1着:

エイシンブルズアイ
 ややムラありも地力は高い

ネロ
 直千専用か?イマイチ信頼できず
 アイビス3着内馬は3-0-0-1と優秀
 →開幕週内回りで直千と親和性が高いか

ラヴァーズポイント 牝
 年齢、CBCのみでは勝ち切るの厳しいか


2着:

ビッグアーサー
 高松直行はデータから1着厳しいが
 G1馬は連下に好走できている 
 →実績ないダンスディレクターは圏外

3着:

スノードラゴン
  高齢もG1馬で











 

中央競馬 ブログランキングへo

共通テーマ:競馬