So-net無料ブログ作成
検索選択

G1 チャンピオンズC G2 金鯱賞 ステイヤーズS [2015年12月]

振り返り:

3連単3000倍台大荒れ

但し、前走3着以内かつ同年重賞勝ち、

基本条件を満たす3頭での決着

1着のサンビスタは昨年4着

生産牧場は角居調教師がかつていたところ

G1を勝つために引退を延期した執念が実った



【チャンピオンズC】

関西馬が圧倒的に強い当レース

絶対王者はホッコータルマエ

牙城に挑むのがノンコノユメ

3歳ながら関東馬の代表も

多数のデータがノンコ凡走を示唆

勝てば伝説的な名馬、クロフネの再来となる


1着:ホッコータルマエ

2着:コパノリッキー、ワンダーアキュート

3着: 手広く

ノンコノユメ     関東馬
サウンドトゥルー  関東馬
ロワジャルダン   関東馬

クリノスターオー   今年重賞勝
ローマンレジェンド  前走3着内
ナムラビクター    前走3着内



■JCDの好走条件

①「前走3着以内」
例外の2頭はいずれも前々走で連対していた

前走1着 5-4-4
前走2着 3-2-1
前走3着 1-1-5
前走4着以下 1-3-0


②同年の重賞勝ちは重要
近5年15頭中14頭が満たす


上記基本条件①②を満たす馬↓

ワンダーアキュート
コパノリッキー
ホッコータルマエ

ノンコノユメ W
サウンドトゥルー W
ロワジャルダン W


③・関西馬が圧倒
30頭全てが関西馬。

ノンコ、サウンド、ロワは大きくマイナス


④馬格が必要

過去10年の全勝馬が500キロ以上。連対馬も9頭が480キロ超

軽量なノンコは大幅減点





・最有力ステップはJCBクラシック

◎ホッコータルマエ
 前走叩き台で3着、好走確実

コパノリッキー
 昨年出遅れて凡走
 まともにスタートしてもどこまでやれるか?
 ここが試金石

サウンドトゥルー 東



・次点は「みやこS」
一昨年までは3年連続でJCD勝ち馬を輩出


△ローマンレジェンド
 昨年3着
 復調しており3着なら

ロワジャルダン 東
 ここでは力不足


・前走「武蔵野S」は近年では少数派も一昨年は勝ち馬を輩出

〇ノンコノユメ 東
 今年最大の上がり馬
 

・その他ステップ

★ナムラビクター
 昨年2着とレース適正高い

ワンダーアキュート
 流石に衰えがみられるがこの条件走る









昨年の振り返り:
勝ち馬はデータ的に厳しいとされた前走4着以下のホッコータルマエ
9分の出来で勝ったことから、休養で能力の上限があがった可能性もある

連下はデータ通り前走3着以内馬
歴戦の猛者と新興勢力がバランス良く決着
息の長いダート路線では年長者がやはり優位

ステップレースとしてはJBC、みやこは王道ローテ
3着のエルムは異例ではあるが、そこが3着たる所以ではある




【金鯱賞】



有馬記念へのステップであると同時に
翌年のG1好走馬を確実に輩出している出世レース
昨年の勝ち馬はラストインパクト
今年のJCで2着に激走

この傾向が継続することを前提に
有馬か来年のG1で好走を期待できる馬を1着候補とする

1着可能:

マイネルフロスト 4歳 ダービー好走馬

サトノノブレス 菊2着

マジェスティハーツ ハイレベルの鳴尾2着


連下:

ディサイファ ピーク過ぎたが地力上位で
 
ミトラ 大箱どうか


補欠:3歳

ベルーフ  小回り向きで有馬は向く

トーセンレーヴ 期待馬も56Kは厳しい




近年の1-3着馬:
1着:ラストインパクト  JC2着
1着:カレンミロティック 宝塚記念2着、天皇賞3着
1着:オーシャンブルー  有馬記念2着
1着:ルーラーシップ   天皇3着、JC3着
1着:アーネストリー    宝塚1着、天皇3着
2着:ラブリーデイ     宝塚記念1着、天皇賞1着
2着:ダイワマッジョーレ マイルCS2着
3着:ウインバリアシオン 有馬記念2着


・中央開催の重賞好走馬





・前走G1組


・穴馬




■若馬の台頭(3-4歳) 複勝率30%越え

 ※3歳の優勝は無く好走は55キロまで

 

■重賞実績は半々

半数の15頭に同年の中央開催の重賞で3着内実績あり
⇒馬券構成に1頭は入れたいところ



■前走5着以内又はG1出走馬が好走

・好走率は前走G1組がトップ



・占有率でトップは前走5着以内馬と
好調さがそのまま反映

・前走6着以下(G1以外)は狭き門
  2-2-2 複勝率 9.4%

 

■中京2000Mの傾向

・外枠へ行くほど好走率が下がる傾向有り。
 特に15番ゲートより外は顕著

※該当馬は後日追記


・逃げ馬は健闘、捲くりは不振
 先行、差が主力
 直線が長いが逃切り勝ちも多々あり
 逆に捲くりは不振

 



◆ステイヤーズS

1着:AR組

スズカデヴィアス又はメイショウカドマツ


相手:実績馬と上がり馬

ネオブラックダイヤ
ファタモルガーナ
トゥインクル又はアルバート ・・上積み無い





傾向:

・1着は原則、アルゼンチン共和国杯組(10頭中8頭)
 ※2連覇は無し



 
・AR共和国杯のみで3頭決着は1回のみ(過去10年)



・2桁からの巻き返しはAR共和国杯組には多々あり
 ※2桁馬が2頭来たことは無い


・前走3着以内馬が必ず1頭好走(過去7年)
 ※1600万まで
※前走3着内馬が2頭好走は1回のみ



・2走前に重賞出走馬が必ず1頭好走(過去7年)


・関西馬が圧倒(関東馬の3頭BOX不可)



__________________



中央競馬 ブログランキングへ

共通テーマ:競馬

G1 ジャパンカップ [2015年11月]

振り返り:

1着はデータ通りG1馬
3着はデータ通り複勝率9割の1番人気

馬連万馬の原因は2着のラストインパクト

ポイントは以下

・毎年好走の外人が騎乗していたこと
・春のG1で勝馬ゴールドシップに0.2差であったこと
・翌年好走確実の金鯱賞の勝ち馬であること
・前走は大きな不利があり実体として2桁ではないこと


_______________________________

データ的には凡走確実のゴールドシップ

但し、生涯成績は勝率50%
4角先頭なら必ず1着
後続に差されたことなどない

その観点での1着付け

勿論、凡走しても当たり前の存在

その場合は「相手」のBOX

もしくは1番人気から
「相手」にマルチ流し

強弱で云えば

ラブリーの連勝は疑問

そもそも

鬼の居ぬ間の勝利ばかり

レースレベルでいえば

同厩のミッキークイーン

オークスのタイムは出色

内回りの秋華賞を完勝


同等評価はショウナンパンドラ

外枠が痛いが

今度はラブリーを差せるのではないか



ラストインパクトはおまけ

外人騎乗で奇策にでる可能性も

有馬のハーツクライのように

4角先行集団だと怖さはある



1着:ゴールドシップ

相手:
ミッキークイーン
ショウナンパンドラ
ラブリーデイ
ラストインパクト  外人
サウンドオブアース 外人











中距離の頂点に立ったラブリーデイ
距離はやや長く連勝は微妙ではある


緩やかに下降しているゴールドシップ
日本馬では6歳以上の勝ち馬は皆無
今年は鬼門の京都を克服
データ破りの可能性も

ショウナンパンドラとミッキークイーン

デニムアンドルビーを物差しにすると

ゴールドシップとラブリーデイは互角

距離に限界があるのはラブリー

コースに難があるのはゴールド

消耗戦になれば断然ゴールド

直線よーいドンならラブリー

尤も

気分良く走れば

ゴールドシップに敵は無い



ショウナンパンドラは宝塚でデニムの後ろの3着

序列からすると逆転は難しい


ミッキークイーンの最大目標は前走

斤量は有利だが

いずれにせよ

ジェンティルやブエナほど怖さは無く

勝ち切るのはやや疑問



菊2着のサウンドオブアース

春の内容から勝ち切る地力無し

であれば

金鯱賞で圧倒的なレースをした

ラストインパクトでも足りるはず

前走2桁は致命的ではあるが

まるでレースができていないのは事実

20151129jc.jpg

日本馬のレベルが怪しいので
外国馬の戴冠も視野に入れたいが

イトウとイラプト

アルカセットには遥かに及ばず

日本馬に合わせてレベルが低く

例年通りのJCとなるか





秋天皇好走馬:必ず1頭以上好走
ラブリーデイ
ショウナンパンドラ

秋華賞 好走馬(3歳):
ミッキークイーン


他:
ゴールドシップ   JK東 1着可能
サウンズオブアース(連下限定)


外国馬:好走可能
イトウ
イラプト
×ナイトフラワー →大外では・・・




◆勝ち馬の条件:

JCで求められるのは先行力、上がり最速とその持続力
6歳以上が極めて不振であるのは
総合的に高いものを求められるため


以下の①②を満たすことが「ほぼ」絶対条件

①G1馬であること(勝ち馬9頭中8頭)   
②2走前が3着内(連対馬18頭全馬が該当、海外除く)

ラブリーデイ
ゴールドシップ
ショウナンパンドラ
ミッキークイーン


 

◆好走の条件(連下候補)

②は必須
①はプラス要因

サウンズオブアース

 
 

①前走 天皇賞で一桁着順

近5年、15頭中11頭、天皇賞秋組が抜群の好成績
毎年最低1頭は必ず好走している

1着   1- 2- 4- 1/ 8 複勝率87.5%
2着   1- 0- 1- 5/ 6 複勝率16.7% 
3着   1- 1- 0- 1/ 3 複勝率66.7%
6-9着 1- 1- 1-13/16複勝率18.8% 


・別路戦組(前走が天皇賞ではない場合)

 京都大賞典好走馬、AR共和国杯の勝ち馬


  

②GI3着内実績

3着以内馬30頭中29頭が2000m以上の距離のG1で3着以内の実績あり
 ⇒例外はスクリーンヒーローのみ

 

③ジョッキー

・関東JKが騎乗していないこと
・関西JKまたは外人JK騎乗

美浦 0- 1- 0- 32/ 33
栗東 5- 3- 5- 38/ 51
外国 5- 6- 5- 62/ 78

※日本馬+外人JKはトップの好走確率(3-4-4-16 複勝率40%)
※岩田JKは複勝率80%越え

 
 

④1番人気(3-3-3-1)

 1番人気の日本馬は複勝率90%
  
 
_______________________________

前年メモ:

決着は全てG1馬と例年通りの傾向
2走前3着以内はエピファネイア以外は満たしていた(国外を例外とすれば満たす)

1着は菊花賞の強さを取り戻したエピファネイア
ダノンシャーク同様、福永から乗り変わりで真価を発揮できたパターン

2-3着は秋の天皇賞馬
上がり最速を武器とする2頭が傾向通り好走

ジャスタウェイについては底力に畏れ入ったというほかはない









以上
____________________________





中央競馬 ブログランキングへ

共通テーマ:競馬

G1 マイルCS    [2015年11月]

イスラボニータは久々のマイル

京都も初と死角はそれなりにある

イスラが凡走した場合

リピータの関西馬フィエロ6歳が中心


相手は今年の重賞勝ち馬

・4-5歳
・前走一桁

双方を満たすのはモーリス

休み明けが大きな死角ではあるが

次元が違う可能性も考慮

残る1頭もやはり4-5歳から

池江2頭出

トーセンスターダム

サトノアラジン


人気は当然サトノだが

G1実績と京都適正

穴男の幸四郎

2頭出しは~の格言から

3着トーセンが面白い


20151122mcs.jpg











1着: 天皇賞組かつ皐月賞馬

イスラボニータ

2着:DP産駒

フィエロ ・・・1着可能   
サトノアラジン
トーセンスターダム 
ダノンシャーク   

3着:今年の重賞勝ち馬
アルビアーノ 
カレンブラックヒル
ダイワマッジョーレ 
モーリス      





軸:

◎イスラボニータ 未勝利 G1三着 4歳 東

 中距離G1ではやや足りないが
 層の薄いマイルなら地力最上位


相手主力:DP産駒

〇フィエロ    未勝利 G1二着 リピータ 西  6歳

★トーセンスターダム 未勝利 海外G1二着 4歳 西

▲ダノンシャーク  未勝利 G1馬 リピータ 7歳 西

△サトノアラジン 重賞未勝利、他に強調要因なし



補欠:好走しても1頭まで

△モーリス  休み明け 重賞勝ち、G1馬 4歳 東


?アルビアーノ 斤量2K増 3歳 重賞勝ち 東




■好走馬の条件
・重賞組は一桁、平場は1着(過去好走全馬30頭が該当)

・2か月以内での出走(過去好走全馬30頭が該当)
 →モーリスに暗雲

・同年の重賞勝ち、(9-9-6)
 アルビアーノ 3歳
 カレンブラックヒル
 ケイアイエレガント
 ダイワマッジョーレ リピータ
 モーリス      休み明け
 


・4歳~5歳であること(4~5歳 7-10-7)


・DP産駒
 フィエロ      重賞未勝利 リピータ
 サトノアラジン   重賞未勝利
 トーセンスターダム 重賞未勝利 海外G1二着
 ダノンシャーク    年齢 


■その他の好走要因

・3歳不振
 斤量の恩恵少なく最高3着が2頭のみ
 →アルビアーノは過信禁物


・前走と着順からは6頭を抜擢

G1は一桁着順
 イスラボニータ


スワンSは1番人気か3着以内
 アルビアーノ
 フィエロDP


富士Sは1番人気か連対していること
 サトノアラジンDP

毎日王冠は5着以内
 ダノンシャーク
 ※トーセンスターダムは4着

非重賞は2番人気以内かつ1着
 トーセンスターダムDP
 ミッキーオリビエ


前走2桁・休み明けは全滅



・例外馬はモーリス(スクリーンヒーロ)

過去10年、休み明けは全滅

モーリスSHには非常に大きな死角がある

但し

ブエナビスタのように

ぶっつけで天皇賞勝ちがある

超A級馬であれば勝ち負け可能


・7歳以上は好走1頭のみ

昨年覇者のダノンシャークは7歳

昨年は恵まれ面が強く

連覇どころか好走も厳しいが

前走2桁が大半の今回は

3着なら許容範囲か







中央競馬 ブログランキングへ

共通テーマ:競馬

G1 エリザベス女王杯    [2015年11月]

軸はヌーヴォレコルト◎

内を突けない大外では勝つのは厳しい


相手は京都ならDP産駒

ラキシスはおさえのおさえ

軽すぎる追切も含め状態そのものが疑問

角居厩舎なら勝負は3頭併せの真ん中のはず

今回は単走

しかも「状態は良くなりつつある」と意味深

キズナを倒して燃え尽きた感あり


相手筆頭はマリアライト〇

状態はピークで外を回した前走は上々

一気に戴冠まで想定


タッチングスピーチは明らかにピークアウトも

外回りはプラスでぎりぎり3着なら


残る1頭は非DP産駒で手広く

クイーンズリングは距離が長いが念のため

フーラブライド▲は引退レースで究極の仕上がり

年初に牡馬相手にG2二着は地力の証

番狂わせ可能なメンバー


タガノエトワールはヌーヴォレコルトと相性が良い
3着ならなんとか

ルージュバックは流石に厳しいが3着なら
本領はジャパンカップではないか


20151116エリザベス.jpg


1着:

フーラブライド
マリアライトDP

2着:

ヌーヴォレコルト


3着

タッチングスピーチDP
ラキシスDP
クイーンズリング
ルージュバック
タガノエトワール




※ラキシスとルージュは状態疑問
3着にいずれか1頭まで






秋華賞上位組:
★★クイーンズリング 2着
 当日2番人気内なら好走確実
 毎年好走の3歳だが小粒で連下か?


府中牝馬1番人気又は3着以内馬:
※1番人気が特に強い

 スマートレイアー 1番人気2着
  乗り変わりだと難しい馬で・・・
  
  

 ?ノボリディアーナ 11番人気1着
  あてにならない、2度は恵まれない


対牡馬重賞実績:

★★★ヌーヴォレコルト
  立ち直った、勝ち負け
  前年3歳での好走馬のリピート率は極めて高い

 ★フーラブライド 6歳
  地力は高く7馬人気以内なら買い推奨
  年齢的に旬は過ぎており連下限定

★マリアライト
一叩きで順調、連下限定

 ? ラキシス
  昨年の勢い無く、前走体重大幅減で調教も小粒

 ?ルージュバック
  当レースで休み明けの好走無く、通常は圏外
  →ジャパンカップへの叩き台ではないか?










■人気が重要な指標になる稀有なG1

・当日単勝1-2番人気が揃って3着以下は10回中1回(3着) 
 →1-2番人気のいずれかは100%好走


・1-2番人気が連を独占したのは1回のみ
 →堅いレースだがガチガチ決着はない

・日本馬で1番人気で勝ったのは1回、名馬Dスカーレットのみ
 →詰めの甘いヌーヴォレコルトはまた取りこぼすか?

・10回中9回、30頭中28頭が単勝7番人気以内

・9年連続3歳が好走
 →今年はクインーンズリング

・6歳以上不振、好走は2頭でG1馬
 →フーラブライドは厳しいか

・府中牝馬組の勝利は1回のみ、1着馬は特に苦戦
 →スマートレイアーは連下まで

・リピータの強いレース
 →ヌーヴォレコルトが該当

・休み明けは全滅

・血統的にはDP>ハーツ>>>キンカメ

DP:
スマートレイアー
ラキシス

ハーツ:
ヌーヴォレコルト



・重賞未勝利馬が勝つのは狭き門




■データまとめ

①Vマイルとエリ女
 ・いまだ連覇なし
 
 ・Vマイル凡走馬の巻き返しは多々あり
 

②府中牝馬Sで6着以下は大苦戦
 巻き返したのはアパパネ1頭


③前走非重賞は不振
 2年連続でピクシー、ラキシスと好走だが 
 共通するのは「前走牡馬混合で1着、夏は休養」

 →使い詰めのシュンドルボン、ウインリバティはNG


④京都大章典は高確率(1-2-0-1)
 絶対数が少なく過信禁物もプラスデータ

 →フーラブライド、ラキシスのいずれかは好走期待 

⑤最大勢力は秋華賞(4-3-2-33)

 3着内の場合(3-3-2-10)と複勝率44%
 
 →今年はクインーンズリング1頭のみ

⑥2000M以上の勝ち鞍が必要
 日本馬27頭中24頭が満たす
 例外3頭のうち2頭はG1連対実績あり

 →クイーンズリング、スマートレイアーはG1連対馬だが
  2頭揃って好走と云うのは確率的に厳しい




⑦1着馬の前走
秋華賞、天皇賞秋、京都大章典、府中牝馬、オールカマー(100%)

府中牝馬は極悪馬場の1回のみで、原則勝てない



昨年からのフィードバック:

データ通り、7番人気以内での3頭決着
1番人気は人気データ通り連を確保したが、人気データ通り勝てなかった
勝ち馬は複勝率50%を超える前走牡馬混合重賞の出走馬
夏を休養にあて一叩きする王道のローテが最後の一押しとなった
3着は定石の府中牝馬組で、距離延長のマイナスが少ない方が食い込み

穴馬指定のフーラブは4着
やはり人気データの壁は厚かった



以上
____________________________





中央競馬 ブログランキングへ

共通テーマ:競馬

アルゼンチン共和国杯   みやこS [2015年11月]

2度の坂越えがあり、持続力を求められる

いわゆる切れ味タイプは凡走多々あり

総合力を問われる特殊なコース

アドマイヤジュピタは翌年に春の天皇賞勝ち
トウカイトリックは長きにわたり長距離重賞好走
スクリーンヒーロー は次走JC勝ち、翌年に秋天皇2着
ジャガーメイルはその後、春の天皇賞勝ち、JC3着
アーネストリ-は翌年に宝塚記念勝ち、秋天皇3着
トーセンジョーダンは翌年に秋天皇勝ち、JC2着
オウケンブルースリは菊花賞馬でJC好走馬
アドマイヤラクティは翌年に春の天皇賞勝ち
フェイムゲーム は今年の春天皇賞2着、メルボルンC挑戦

現在は地味ながらも翌年に大物となる馬を輩出するレース

ゆえに7歳以上、リピータ、58K以上、牝馬は不振

好走候補は以下の5頭
データ的には1着は前走5着以内馬だが
前走下級条件からの好走馬が強いレースでもある


軸:
ゴールドアクター 前走平場
 外枠ゆえ勝つのは厳しいか


相手:

前走重賞
ラブイズブーシェ
ロンギングダンサー
レコンダイト

前走平場
プロモントーリオ 
ヒラボクディープ







【好走要因】

・7-8枠は大不振

複勝率8%弱、未勝利、過去10年52頭中好走は4頭のみ

・前走着順

連対馬の8割は前走5着以内

前走非重賞組が過去10回中9回で必ず好走している

G1:一桁
レーヴミストラル

G2、G3: 6着以内
ラブイズブーシェ
フラガラッハ
ロンギングダンサー
 
OP: 3着以内
ヒラボクディープ

条件: 1着
ゴールドアクター
プロモントーリオ 


・同年目黒記念組
出走馬からの好走は多々あり



【みやこS】


ここが叩き台の馬は過信禁物

ここ目標もしくは賞金不足の馬に注意

ダノンリバティ 期待の新星
モンドクラッセ 逃げ 同型どう捌くか

クリノスターオー 実績馬

カゼノコ  58 ハンデきつい
ソロル  昨年凡走

ロワジャルダン やや足りない感あり
エーシンモアオバー 58 逃げ ハンデきつい


1着:
ダノンリバティ
クリノスターオー

連下:
アスカノロマン

以下から1頭

ロワジャルダン
カゼノコ
モンドクラッセ 



過去5年:
・1~3枠の5番人気以内馬 [4-2-3-3]複勝率75.0%
・前走連対馬[3-4-3-23]複勝率30.3%


【京王杯】

好走馬30頭のうち大成したのは1頭

晩成のラブリーディのみ

上位人気はあてにならず

いかにも先に繋がらない重賞



◎シャドウアプローチ 勝ち負け

〇ヒルダ 前進可能 前走3着以下

▲オデュッセウス 距離不安も能力はある

★サイモンゼーレ 賞金あり 小倉2歳S

△レッドカーペット 過信禁物

△ボーダレス 距離不安



・馬番1~4番[4-7-3-26]複勝率35.0%
・10回中9回は前走3着以下が好走
・前走2桁からの巻き返しは1回のみ
・~2歳Sが特に強い
 

 
 

中央競馬 ブログランキングへo

共通テーマ:競馬