So-net無料ブログ作成

函館記念 [2017年7月]

回顧:


初の内枠全滅

不振な組が内枠ゆえ已む無しか

1着は社台系の法人馬が勝利

連下は所謂、格上馬

キタサンブラックと比べれば

条件合わずとも、この相手なら、というところか


//////////////////////////////////////////////////////////



勝ち馬の条件を全て満たす馬はいない

サトノとアングラは鬼門の巴賞好走馬

マイネルは不振のリピータ

今回は同型も多く展開も厳しいのでは


従い、内枠であることを優先

サトノアレス

レッドソロモン

アングライフェン

以上3頭が1着候補

連下は外枠から2頭


トウケイヘイローより遥かに落ちるが

武豊のステイインシアトル

休み明けが不振なレースだが

非リピータのルミナスウォリアー

休み明けは走る

柴山の復帰祝いとなる可能性も






///////////////////////////////////////////////////////


勝ち馬の8頭は2-4番人気

1番人気は0- 2- 0- 7とあてにならず



2-4枠が9‐4‐3と圧倒

1枠も含め他の枠は未勝利



前走 巴賞組は上位組が大不振

1着 0- 1- 0- 8

2着 0- 0- 0- 3

3着0- 0- 1- 4

負け組が吉




社台系は大挙出走

中でもNF産のクラブ名義に注目


ケイティープライド G1レーシング
 昨年3着

レッドソロモン 東京ホースR
 近走不振も函館は向く

ルミナスウォリアー サンデーR
 外枠が痛い


サトノアレス 個人
ステイインシアトル 個人



休み明けは不振

 3か月以上空くと0-0-0-17


以上



中央競馬 ブログランキングへo

共通テーマ:競馬

Facebook コメント