So-net無料ブログ作成
検索選択
前の3件 | -

G1 天皇賞  青葉賞 QE2世C [2017年4月]

【天皇賞 春】


◎キタサンブラック
 死角は長距離での時計の裏付けがないこと
 大阪杯が強すぎただけにやや気になる

〇レインボーライン
 休養で成長、SG産駒は適正高い

▲サトノダイヤモンド
 前走の時計とラップは優秀

△シュバルグラン
 福永がもたもたしなければ

以上4頭の競馬を想定

例年通り両雄並び立たずであれば

キタサンかサトノが圏外

当レースがG1初制覇は珍しくなく

その意味ではレインボーライン

シュバルはスタミナ豊富だが

近年の天皇賞はステイヤーのレースでは無い


消し:

シャケトラは軽ハンデばかりで信用できない

ゴールドアクターは下降線

アルバートはG2までの馬

アドマイヤデウスは距離長い










世紀の対決

1番人気は鬼門

ディープインパクトのみ勝利

他はことごとく凡走

サトノが1番人気であれば

このデータは怖い

サトノダイヤモンドにとって

決してベストの距離では無い

トウカイテイオーが

メジロマックイーンに敗れ

圏外になったパターンを

念の為、想定



有馬記念の2キロ差はなく

4か月での成長

ここがポイント

阪神大賞典は

シュヴァルグランを

まるで問題にしなかった

着実に成長は続いている


キタサンBが勝つためには

ステイヤーのレースに

持ち込むことがが必須

大阪杯のような

緩い逃げでは差される

自身にも厳しいペース

これができれば

凌げるはず

少なくとも

コースも斤量差も

有馬記念より条件好転



他は連下限定で

シュヴァルグラン
前走は悲観すべき内容ではない、
ダイヤモンドよりブラックの方が手強い
 との福永JKコメント
体型的に最も距離は向くが、
馬力型で高速京都は向かない
堅実でカミノクレッセのパターンか

レインボーライン
 追い込みは連下までか
 イブキマエカグラ、ウインバリアシオン
 非力なため京都の高速馬場は向く


シャケトラ
 2強ではなく3強との認識、との池江調教師
 体型的にこの距離合わない
 馬力型で阪神向き


【QE2世C】

2頭出しのムーア厩舎
デザインズオンローム は
ワーザーのラビットに専念

軸:ワーザー
相手:
シークレットウェポン  1着可能
ブレイジングスピード  連下
ネオリアリズム 連下




【青葉賞】

〇アドミラブル
 緩い分やや不安
◎アドマイヤウイナー
 相手なりに走れる

▲ダノンキングダム
 久々もデータは満たす

△トリコロールブルー 重賞組 NF
△ポポカテペトル NF

☆イブキ
 前残り



ダービーへの最終切符(関東)

馬主2頭出しはアドマイヤ
アドミラブル
アドマイヤウイナー

アドミラブルは敢えて緩い造り

ダービー目標の為

勝てばJKは継続濃厚

ペルシアンと両天秤

アドマイヤウイナーはメイチ

西が主戦場の秋山が

わざわざ関東まで遠征

オッズほど力に差はいのでは

アドマイヤ親子丼も十分可能




厩舎2頭出しは友道
いずれもノーザンF

ポポカテペトル    
トリコロールブルー  輸送し過ぎ、距離?

こちらは地味で1頭までか

上記4頭を出し抜いても

1頭が限度ではなかろうか

ベストアプローチ
 気性難

ダノンキングダム
 鬼時計も久々で

イブキ
 適正疑問




①当日人気
1番人気の好走は7回
2番人気の好走は3回
1-2番人気共に好走は1回
1-2番人気共に凡走は1回
→1番人気を信頼、2番人気は鬼門


②前走人気
前走1-2番人気は7-8-7と強く
残りは前走重賞で3番人気以下の好走
特に前走1番人気は30頭中17頭
前走1番人気の全滅は1回のみと
→ファンの支持があてになるレース

③近走成績
過去4走では2勝以上7-7-6
→近走の好調さが重要


②③の双方に該当:
◎アドミラブル NF アドマイヤ
?ダノンキングダム→久々で

相手:

〇トリコロールブルー 重賞組 NF
▲アドマイヤウイナー 定番の大寒桜
△ポポカテペトル NF

☆イブキ 個人
△ベストアプローチ  外資








以上



中央競馬 ブログランキングへ

福島牝馬S フローラS マイラーズC [2017年4月]

【マイラーズC】


最終結論:

軸はエアスピネル

但し勝ち切れるかは微妙

安田記念を目標に

余力残しの仕上げ

これはBスピネルも同様


1着:
イスラ   勝癖をつけたいか
ダッシング 賞金必須
プロディガルサン DP産駒

2着:
エアスピネル

3着:

Bスピネル,フィエロ


///////////////////////////////

血統的にはDP断然も

非DPに好メンバーが揃った


イスラボニータ
 京都G1 2着で格上
 かなり仕上げているが、あとは久々だけ

エアスピネル
 詰め甘くここ正念場

ブラックスピネル
 逃げ、同じ手が通用するか?

ダッシングブレイズ
 捲土重来

プロディガルサン DP産駒
 血統的に好走は約束されているが

×フィエロ DP産駒
 斤量優位も前走メイチでガス欠か・・・


【フローラ】

最終結論:


軸はホウオウP

仕上がり一息も

このメンバーなら

3着死守してもらいたい

相手はヤマカツグレース

おさえはアドマイヤ、レッド、フローレス



//////////////////////////////////////////////////////////////////



紐荒れが定番のレース

フラワーC、君子蘭賞、ミモザ賞が目立つ程度で
特に傾向無し

本来、ホウオウPとFマジックの2強対決だが

2頭とも状態が今一つ

波乱もありえる



ディーパワンサ
 距離長いが仕上がり十分

ヤマカツグレース
 横山・・・そこだけ
 馬自体はここがピーク

アドマイヤローザ
 距離合う、良血


モズカッチャン
 タフで3着なら
 ここ目標の仕上げ



△ホウオウパフューム
 調教内容から状態疑問

△フローレスマジック
 良化スロー

×ビルズトレジャー
 牡馬とはいえ完敗続き

×レッドミラベル
 反動懸念、過剰穴人気か






【福島牝馬S】

4年連続2桁人気が好走

昨年は勝ってしまった

以前は中山牝馬Sが有力ステップも

近2年は全滅

替わって愛知杯が好走

武豊の登場で

乱ペースは無く

地力勝負か
20170422福島牝馬.JPG

ギモーヴ

フロンテアクイーン

クインズミラーグロ

ブリガアルタ

ロッカフラベイビー

×クロコスミア
 強行軍で無理



以上



中央競馬 ブログランキングへ

G1 皐月賞 アンタレスS [2017年4月]

過去10年8頭が連勝で戴冠

例外は
キャプテントゥーレ 弥生4着
ドゥラメンテ    共同通信杯2着

今年は社台Gの棲み分けもあり
重賞勝馬が大挙出走


整理すると王道ステップは3頭

皐月賞は外枠が勝率、連対率、複勝率

全てにおいてトップ

コースイメージとは真逆

スタミナと器用さに加え

持続できる末脚も必要

最も速い馬が勝つ


不器用なスワーブは最内はマイナス

内が欲しかったウインはマイナス

カデナはダービー向きで内枠はマイナス


異例のステップから3頭

池江2騎は強力

アルアインはダービ馬候補のアレスを撃破

ペルシアンは大楽勝で追分Fの切り札


ファンディーナついては

既に年明け3戦

短期間に2回の輸送

桜花賞を避けたのは

中2週ではきついため

牡馬の面子を見る限り

結果的に桜花賞の方が

楽であったのではないか


能力的には

カデナとスワーブが抜けているとみた

スワーブは不器用

カデナはダービーに余力残し

ここが死角

であれば

池江2騎の逆転も

特にアルアインに注意

毎日杯からの連勝は

テイエムオペラ―のみで

実績は無いが

時計は今年のトライアルで

最上位のレベル

負かしたサトノアーサーは

池江厩舎の大将格である

フロックではない


ペルシアンナイトも期待馬

確勝を期して

已む無くアーリントン

訳ありの2頭であるが

地力は高い


1着:
スワーヴリチャード 
カデナ 

相手:
ウインブライト 連下濃厚
アルアイン又はペルシアンナイトは1着可能

おさえ:
ファンディーナ 圏外確率の方が高いのでは


前走1着馬

スワーヴリチャード 共同通信杯
カデナ 弥生賞
ウインブライト スプリングS

アルアイン    アーサーを完封、時計優秀
ペルシアンナイト ソウル以外には負けておらず
?ファンディーナ 能力を出せるかは別の話

×アメリカズカップ 嵌った感あり
×アダムバローズ 使い詰め
×クリンチャー  同馬主カデナの支援か
×レイデオロ   ダービーへの叩き台





スワーヴリチャード

ファンディーナ

カデナ

ウインブライト
アウトライアーズ
アルアイン







社台グループとって大誤算の状況

確勝の桜花賞はレーヌミノルが勝ち

皐月賞はマイネル軍団が前哨戦を制した

弥生賞、スプリングS

共に有力ステップである

カデナ(DP)、ウイン(SG)と

かつての社台の主流血脈に

クラシックを脅かされているのは

皮肉ではある


対する社台はハーツクライ

桜花賞でも2着と好走

総大将はスワーヴリチャード

次位は

皐月賞馬ヴィクトワールピサ

アウトライアーズ


正直、社台は例年より手薄である


これを見越して小牧場系から

ファンディーナが参入


基本的には三つ巴

社台、マイネル、ノースヒルズ、ターフ・スポート


カデナ、ウイン、アウトライアーズ

戦績的には横一線

これをスワーヴが好位から差し切る

理想ではあるが

レイデオロやペルシアンナイト、アルアイン

百花繚乱で大波乱もあるのでは



社台:
 ◎スワーヴリチャード NF HC
  例年通りなら確勝のはず
  王道ローテは好感
  16,740万円 と超高額
  共同通信1着

 ?アウトライアーズ   NF VP
  カデナ、ウインと大差なく
  王道ローテは好感
  2,700万円と格安
  スプリング2着
  妙に大人しく気配に不安あり・・・・

マイネル:

 〇ウインブライト SG
  複勝堅いのでは
  王道ローテは好感
  キャリア過多でマイナス
   スプリング1着

ノースヒルズ:

 ▲カデナ DP
  弥生賞馬
  本質的に大箱平坦向きで
  王道ローテは好感
  前走はドスローで恵まれ過ぎで
  歴代弥生賞馬と同列には扱えない
  3,780万円とDPとしては格安

ターフ・スポート:
 ☆ファンデーナ DP
  サンエーサンキュー以来で何とも・・・
  年明け既に3戦しており上がり目どうか?
  常識的には買えないが前走圧巻で・・・

 ×アダムバローズ HC
  出遅れなければ
  展開の鍵を握る馬
  池添要注意
  使い詰めで勝ちは無い
  多頭数で惨敗しており・・・?
  キャリア過多でマイナス



軸は最強のローテである

共同通信杯から直行

スワーヴリチャード

次位は名門スプリングS

勝馬ウインブライト

過去6年の勝馬は

共同通信杯

もしくは

スプリングS

いずれかである

特に共同通信杯は

過去5回中4回は勝っている


2頭共に圏外なら

已む無しとする








・共同通信杯 1着

◎スワーヴリチャード NF
  勝馬最有力候補

・スプリングS 連対

 アウトライアーズ NF
  小島厩舎は逸材が花開かず・・・・・・

 ウインブライト マイネル岡田
  中山の鬼
  マイネル軍団悲願の戴冠か

・弥生賞 4着以内
 スロー過ぎてあてにならない・・・


 カデナ マイネル岡田
  マイネル軍団悲願の戴冠か

×ダンビュライト SR NF
  好走がイメージできない

 マイスタイル 個人
  横典、これに尽きる


・若葉S 連対

 △アダムバローズ 個人


・きさらぎ賞、京成杯 他 1着*連下限定


??ファンディーナ
 前走圧巻も前例なく判断つかない
 1番人気だろうから、無理に消す必要はない

×アメリカズカップ 社台F
  前走は重で作戦勝の感あり
  昨年のダイヤモンドより遥かに落ちる
  そもそも皐月向きのローテでは無い

・キャリア6戦以上は不振
3-2-2-64 複勝率9.9%

 アダムバローズ
 ウインブライト
 サトノアレス
 トラスト
 プラチナヴォイス
 

【アンタレスS】
201704016アンタレスS.jpg

1着:57キロ以下の素質馬
 〇ロワジャルダン
 ▲モルトベーネ 
 △ロンドンタウン

2着:58キロの実績馬
 ◎グレンツェント

3着:
 ☆ナムラアラシ
 ?ミツバ




58キロは善戦すれど頭無し

過去10年で0-4-4-13

グレンツェントは連下限定
軸としては信頼できる

ロワジャルダンはみやこで3着
2着のグレンツェントより2K背負っており
計算上は勝てることになる
前走は蹄鉄がずれて度外視OK


ロンドンタウンは川田 3-1-0-0
外を回った前回は好内容
今回も期待できる

モルトベーネは地方の深い砂は苦手
今回は条件好転
但しデムーロは芝ほど信頼はできない


ミツバは多頭数でもまれると圏外
マイペースでいければ何とか
とても軸にはできない
阪神は4勝とコース適正は高いが
中央重賞を地力で勝ち切るイメージは無い
現状、地方向きではないか

惑星はナムラアラシ
幸とは手が合う
追い込んで3着なら


?アスカノロマン
 下降線、和田は合わないのでは

×モンドクラッセ
 喉鳴り不安

以上



中央競馬 ブログランキングへ
前の3件 | -