So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

G1 宝塚記念 函館スプリントS(G3) [2018年6月]

史上最弱のメンバーと揶揄されるが

例年も手薄であり気にすることはない



前走からの好走パターンは以下

・鳴尾記念の好走馬
 
 ストロングタイタン
  戦績から地力疑問も前走馬具で一変している

・海外G1の好走馬

 ヴィブロス DP
  距離長いが状態抜群


・大阪杯、天皇賞の凡走馬(余力があると解釈)

 サトノダイヤモンド DP
  どこまで良化できるか
  小回りは向かない

 ミッキーロケット キンカメ
  神戸新聞杯でサトノの2着
  天皇賞負け組は好走するのが定石
  内枠欲しい


 ×アルバート    距離不足、7歳
 ×スマートレイアー 8歳じゃ無理
 
・ヴィクトリアマイル組

 該当無し


・尚、特注は

 パフォーマプロミス 6歳 SG

いかにもここ目標のローテであり

戸崎を含めて怖い存在



■好走要因


1.前走5着以内

前走6着以下の場合G1連対実績が必須

2.6歳以下

7歳以上は全滅

3.3大血統が強い

 ステイゴールド
  パフォーマプロミス

 ディープインパクト
  ヴィブロス
  サトノダイヤモンド

 キングカメハメハ
  ミッキーロケット





【函館スプリントS(G3)】

開催要領変更後は

傾向に変化あり


重賞実績馬が強い

前走G1ドカ負け組の復活

前走レースは異なり重複しない

変わらないのは

荒れ続けていること




高松宮:1着

キングハート

ナックビーナス

京王杯:2着

セイウンコウセイ

アドマイヤゴッド

鞍馬:3着

ティーハーフ

ライトフェアリー







以上





 


共通テーマ:競馬

エプソムC [2018年6月]

最終結論:


本命はサトノアーサー

神戸新聞杯では

レイデオロの3着

わざわざ使い分けで

僚馬クロニクルを中山送り

期待の程が伺える

問題は気性

真面目に走らない

復活した戸崎に期待


不発の場合は

やむなくダイワキャグニー

堅実も勝ち切れない

勝っても小差

前走のように中団から差せれば


相手は高齢もDP産駒を優先


まもなくセレクトセール

高額なDP産駒が多数上場

ここでDP産駒が上位独占すれば

価格の納得感もあるはず

ゆえにサトノの勝利が望ましい

獲得賞金よりも

種牡馬ビジネス


グリュイエール

ベルキャニオン

トーセンマタコイヤ



他は社台系が推しているHB産駒

3着程度なら、という感じはある

サーブルオール




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・







軸:2強の構図 メイS

ダイワキャグニー
府中の鬼だが中2週がやや心配
毎日王冠の内容から地力最上位グループ

サトノアーサー
ここは結果を求められる
神戸新聞杯の内容から地力最上位グループ

相手:
レースの傾向から重賞組を重視したいが
今年は格下組が充実しており・・・

ハクサンルドルフ 重賞
 条件ベスト
 川田も含みがあり注意

ベルキャニオン 重賞
 こちらも嵌ると怖い
 ハクサンとは互角のはず

トーセンマタコイヤ 重賞
 あてにならないが会長の1発注意


エアアンセム
 陣営は強気でそろっと3着なら

サーブルオール
 ルメール過剰人気だが
 HB産駒は今の東京どうか?


以上














共通テーマ:競馬

G1 安田記念 鳴尾記念 [2018年5月]

最終結論:

各国でダービー開催

血統的な流れはディープ産駒ではないか

1着:DP産駒でデータを満たす馬
  
 サトノA、リアルスティール、サングレーザー

相手: 
スワーヴR  連下なら
ペルシアンN 叩き良化型で

穴:
Bムーン   

/////////////////////////////////

スワーヴリチャードの参戦

違和感が大きい

スタートは悪く

ダッシュも遅い

どう考えても

逃げなければ勝機はない

単に宝塚の叩き台なのか?

いずれにせよ軸にはできない


対するペルシアンナイト

勝ち馬に相応しい実績

唯一の不安はマイルCS勝ち

安田とマイルCSの連動性は低く

Dメジャーなど超A級馬しか両制覇はない

安田を人気で負けた馬が

マイルCSで勝つように

寧ろ真逆の適正となっている

いずれにせよ

大阪杯の組は軸には不安も

勝つだけの力はある


なお、ヴィクトリアとNHKは

相当の器で無いと好走できない

今年はB級レベルで圏外を想定


主要ステップ


京王杯SC:
3頭とも500K以上でここが中心
必ず1頭以上好走するものとする

上がり2位以内であることが重要
京王杯上がり2位以内 2-3-2-7 3着内率50.0%
京王杯上がり3位以下 0-0-0-25 全滅

★サトノアレス
 前走余力残しで一気に戴冠も
 前走上がり32.7で2位と好走要因満たす
 府中はとにかく走る

 
?キャンベルジュニア
 切れる脚なく厳しいか



マイラーズC:
勝ち馬は不振だが・・・

★サングレーザー
 前走ハンデ頭で完勝で強いの一言
 福永なら買い
 府中未経験が非常に不安
 輸送も心配で

?ブラックムーン、ダッシングブレイズ
 いずれも重賞勝ち馬で3着なら???

×モズアスコット
 使い詰め相手強化で厳しい

ダービー卿:
×ピースインラブ
 足りない

大阪杯:
ショウナンマイティ、ディープスカイと
いずれも2着馬、今年ならペルシアンN

G1馬2頭であり有力

★スワーヴリチャード
 馬主の意向で出走
 陣営はやる気あるのか???
 左回りは連対率100%
 地力は最上位で逃げれば押切も

★ペルシアンナイト
 良馬場なら崩れない
 マイルCS勝ちはマイナス
 左回り未勝利・・・
 



・馬格が必要
過去10年の連対馬20頭中16頭は最高馬体重が「500キログラム以上」
2014年以降は4・4・3と抜群の成績
キャンベルジュニア
サトノアレス
スワーヴリチャード

【鳴尾記念】

上がり馬のトリコロールブルーが軸

相手は
マルターズアポジー
ナスノセイカン
サトノノブレス

おさえは過剰人気の2頭
状態疑問のトリオンフ
気性難のストロングタイタン

共に圏外でも何ら驚けない




以上














共通テーマ:競馬
前の3件 | -